代表運営幹事挨拶

世界理学療法連盟(WCPT : World Confederation of Physical Therapy)の下部組織として国際整形徒手理学療法連盟(以下IFOMPT:International Federation of Orthopaedic Manipulative Physical Therapists)があります。IFOMPTは、現在22ヶ国が加盟しており、アジアで加盟しているのは日本と香港のみです。IFOMPTに加盟するためには、国際教育基準に沿った講義と実技を学び、筆記試験と実技試験に合格した整形徒手理学療法認定士(OMPT:Orthopaedic Manipulative Physical Therapist)が複数名必要となります。日本理学療法士協会は、2008年にJFOMPTとしてIFOMPTに加盟が認められ、現在64名のOMPTが活躍しています。この64名は、Kaltenborn-EVjenth conceptの国際セミナーを修了して試験に合格した人達ですが、今後、国際基準に沿ったその他の徒手理学療法コースや大学院でのコースを修了したPTの認定も行っていきます。徒手理学療法部門には2015年2月20日現在3,755人が登録しています。将来的には全ての登録者がOMPTを目指すことが日本の徒手理学療法の底上げにつながると思いますが、まずは認定理学療法士を取得していただき、各自の日々の研鑽を通して、徒手理学療法のエビデンスの構築に寄与していただくことを願っています。

2015年4月 
徒手理学療法部門 
代表運営幹事 竹井 仁 

徒手理学療法部門<br>代表運営幹事 竹井 仁

徒手理学療法部門
代表運営幹事 竹井 仁