代表運営幹事挨拶

 
世界理学療法連盟(World Physiotherapy)は、15の下部組織を持っています。そのうちの一つに国際整形徒手理学療法連盟(以下IFOMPT:International Federation of Orthopaedic Manipulative Physical Therapists) があります。IFOMPTには、現在22ケ国が正式な会員国として認められていて、15の組織が正式な会員国を目指しています。アジアで正式に加盟している国は日本と香港のみで、韓国とフィリピンが正式な会員国を目指しています。
IFOMPTに正式に加盟するためには、IFOMPTが作成した教育基準に治った講義250時間以上、実技150時間以上、臨床実習150時間以上を学び、試験に合格した運動器徒手理学療法認定士(OMPT:Orthopaedic Manipulative Physical Therapy)を定期的に輩出している組織があることが必要です。日本は2008年に、日本理学療法士協会に推薦されたJFOMPTが、IFOMPTへの加盟が認められ、現在100名を超える0MPTが活躍しています。
徒手理学療法部門では、徒手理学療法に興味がある理学療法士の知識や技術の向上、エビデンス構築のための場を提供するとともに、IFOMPTやOMPTの啓発活動を行い、IFOMPTの教育基準に沿った海外の大字院でのコースを修了したPTの認定も行っています。さらに、新しくIFOMPTの教育基準に沿った教育を行おうとする組織に対するアドバイスなども行っていく予定です。
将来的には、徒手理学療法部門の多くの登録者に認定理字療法士を取得していただき、OMPTを目指す会員や養成組織が増えることを願っています。


2019年7月 
徒手理学療法部門 
代表運営幹事 山内 正雄 
 

徒手理学療法部門<br>代表運営幹事 山内 正雄

徒手理学療法部門
代表運営幹事 山内 正雄