第1回 効果をあげる理学療法技術としての装具療法を考えるフォーラム

応募者数が定員に達したため、募集を終了いたしました。

多数のご応募ありがとうございました。

当日参加受付はございませんのでご注意ください。
ネットにて事前受付を終えている方の会員カードを使った参加受付となっております。


 



公益社団法人日本理学療法士協会・日本支援工学理学療法学会 主催
 
第1回 効果をあげる理学療法技術としての装具療法を考えるフォーラム
-回復期や生活期に学ぶべき装具療法とその取り組み-


 
日時 2018年3月3日(土)  10:00~17:00
会場 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
場所 東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル12階
 

講演1 「補装具費支給制度の概要」

         司会:河添 竜志郎(株式会社くますま)

         講師:秋山 仁 (厚生労働省)
 
講演2 「歩行再建に向けた装具の活用」

         司会:中野 克己  (埼玉県総合リハビリテーションセンター)

           講師:大畑 光司 (京都大学)
 
シンポジウム1 「装具療法事例」

         司会:松田 雅弘  (城西国際大学)

     シンポジスト:高橋 忠志 (荏原病院)
            岩澤 尚人 (ねりま健育会病院)
            中村 学    (花はたリハビリテーション病院)
            久米 亮一 (株式会社COLABO)
            深澤 恭代    (足立区障がい福祉センター)


シンポジウム2 「効果的な装具療法推進に向けた多職種連携・協働の実践例」

         司会:栄 健一郎 (適寿リハビリテーション病院)

     シンポジスト:木村 佳佑 (花の丘病院)
            遠藤 正英 (桜十字福岡病院)
            栄 健一郎 (適寿リハビリテーション病院)

 

【昼食について】
 
各自で準備してください。また近隣にも飲食施設が多いのでご活用ください。
 
【履修ポイント】

生涯学習ポイント:参加20ポイントが取得可能です。