2019.09.06

第5回 効果をあげる理学療法技術としての装具療法を考えるフォーラム

学術集会長 挨拶

 社会の高齢化が急速に進んだ現在、リハビリテーション医学・医療を必要とする高齢者・障害者は年々増加しています。一方、事故や病気などによって身体が不自由となった方の中には、装具を適切に活用することにより、日常生活動作の自立や社会復帰に役立てている例が少なくありません。
 日本支援工学理学療法学会では、2016年、2017年に理学療法士を対象とした全国的な実態調査を実施した結果、理学療法士の装具に関する知識・技術の不足が明らかとなりました。そこで、当学会では2017年より装具に対する知識・技術の向上を目的に、「効果をあげる理学療法技術としての装具療法を考えるフォーラム」を開催しています。今年度は,昨年度に引き続き西日本地区(第4回)、東日本地区(第5回)を開催します。
 第5回効果をあげる理学療法技術としての装具療法を考えるフォーラムでは、午前中に装具療法を実践する上で必要となる歩行分析について、引き続き装具の種類と適応、膝継手・足継手の種類と適応、装具を活用した歩行練習など、装具を効果的に活用するための基礎についてご講演頂きます。 
お昼休みの時間を利用して、装具に関する制度や問い合わせについてご紹介頂きます。午後には装具の選択や工夫、作製後のフォローアップなど装具活用の実践・応用例を動画を中心にご紹介させて頂きます。なお今年度は、公募による症例報告を企画しています。ぜひ演題のご応募をお願いいたします。
 これら装具に関わる基礎から実践に至るまでの知識や技術を幅広くご講演して頂く予定です。多数の方々にご参加いただき、現場での日々の教育・臨床場面に活かして頂けたら幸いです。
 

第5回効果をあげる理学療法技術としての装具療法を考えるフォーラム
学術集会長 中野 克己

非会員の申し込み、会員の追加募集のご案内

*非会員(理学療法士非会員、医師、義肢装具士、学生等)の方は、
 下記のフォームよりお申込みください。 2020年2月1日(土)~



*(変更)
会員の方も2月1日からの非会員参加登録フォームより参加登録が可能(当日受付扱い)となりました。



*定員(50名)になり次第締め切らせて頂きます。
 その場合、当日受付は行いませんので、予めご了承ください。

以下の申し込みフォーム、又はQRコードよりお申込みください。

申し込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/af141f26633063

 

(重要)受付時の混雑緩和対策へのご協力依頼について

当日受付時に大変な混雑が予想されます、
混雑緩和のため以下の点にご協力をお願いいたします。

 
■日本理学療法士協会会員で事前登録の方
・日本理学療法士協会会員証(緑色)をお持ちの方は出来るだけご持参ください
 なお会員証をお持ちでない方も「会員番号」または「氏名」で受付可能です
 
■日本理学療法士協会会員で当日登録の方
・「当日参加申込書」(ダウンロード)に事前に必要事項を記載し、プリントアウトしてご持参いただくとスムーズです
・参加費はマイページにご自身が登録している年会費決済方法で後日協会事務課より請求いたします
 ただし、年会費口座振替の方はバーコード式請求書による現金振込になります
※領収書は、納入後(学術集会終了〜10日前後より)自身のマイページ上にてダウンロード可能です
 
■日本理学療法士協会会員外/他職種/学生の方
・「当日参加申込書」(ダウンロード)に事前に必要事項を記載し、プリントアウトしてご持参いただくとスムーズです
・参加費は、出来るだけつり銭のないようご準備をお願いします
  非会員理学療法士 5,000円
  他職種     4,000円
  学生      1,000円
 

フォーラムの概要

開催日 2020年3月8日(日)
会場 首都大学東京 荒川キャンパス 講堂(東京都荒川区東尾久7-2-10)
対象 理学療法士及びリハビリテーション関連職種(義肢装具士・医師等)
※会場の関係で当日参加者が多数の場合には、入場を制限することがございますのでご了承ください。
定員数 400名
プログラム 9:00受付開始  9:30開会  16:10閉会

○教育講演1
 テーマ 装具療法に活かす歩行分析
 講師  山本 澄子(エンジニア:国際医療福祉大学)
 司会  新田 收 (首都大学東京)
〇シンポジウム
 テーマ 効果的な装具療法のための基礎的知識と技術
 装具の種類と適応について 村山稔(義肢装具士:船橋市立リハビリテーション病院)
 膝継手・足継手の種類と適応について 吉田渡(義肢装具士:人間総合科学大学) 
 装具を活用した歩行練習の基礎 井上靖悟(東京湾岸リハビリテーション病院) 
 司会  松田 雅弘(順天堂大学)
〇ミニ講座
 テーマ 装具に関する制度・相談先について 
 講師  魚谷 かおり(MSW:埼玉県総合リハビリテーションセンター) 
 司会  中野 克己(埼玉県総合リハビリテーションセンター)
○教育講演2
 テーマ 装具活用のための実践例~装具の選び方、工夫、フォローアップについて~
 講師  中野 克己(埼玉県総合リハビリテーションセンター)
 司会  實 結樹(リハビリセンターリハフィット)
〇装具を活用した症例報告 
 座長  栄 健一郎(適寿リハビリテーション病院)
〇総合討議
 まとめ  司会  新田 收 (首都大学東京)
          中野 克己(埼玉県総合リハビリテーションセンター)
事前参加
申し込み期間
(協会会員のみ)
現金振込       2019年12月5日(水)  ~ 2020年2月25日(火)
クレジット・会員のみ 2019年12月5日(水)  ~ 2020年2月25日(火) 
口座振替・会員のみ  2019年12月5日(水)  ~ 2020年1月27日(月) 
日本理学療法士協会マイページからお申込みください。
「セミナー番号21580」
参加費 会員
  事前登録:3000円
  (事前申し込みは日本理学療法士協会マイページをご参照ください)
         *12月初旬から受付開始を予定しています。
  当日登録:4000円
  
非会員
 理学療法士:5000円
   他職種:4000円
    学生:1000円(大学院生は除く)
公募演題登録 演題発表(症例報告)を募集いたします。→募集は終了しました。
症例を提示して10分発表(5分質問)をして頂きます。
演題を出される方は演題登録をお願いします。
なお発表者には学会発表の生涯学習ポイントが付与されます。

演題登録期間:2019.9.17(火)〜2019.11.15(金)

送付先:上尾中央医療専門学校 宮原 拓也
             E-mail:t_miyahara@acmc.ac.jp
生涯学習
ポイント
履修ポイント基準 1-2) 分科学会学術大会 
履修ポイント大項目 学会参加  履修ポイント数 20 
(ポイント情報:申請したポイントが審査の結果、認められない場合もあります。制度の変更により審査方法が変わる可能性があります。)
注意事項 1. 参加受付について
1) 事前登録済の方
「公社)日本理学療法士協会」の会員証をご持参ください
2) 当日受付の方
受付で配布する指定用紙に必要事項を記入頂き、受付をお済ませください
学生は学生証を提示してください

2. 領収書について
1) 事前登録の場合:マイページからの出力となります
2) 当日受付の場合
(1) 日本理学療法士協会会員:マイページからの出力となります
(2) 日本理学療法士協会会員以外:受付でお渡しします
問い合わせ 上尾中央医療専門学校 宮原 拓也
E-mail:t_miyahara@acmc.ac.jp

装具を活用した症例報告

1.急性期より長下肢装具を用いた歩行練習を実施し、走行再建が可能となった脳卒中患者の一症例

           東京都保健医療公社荏原病院リハビリテーション科 髙橋忠志
 
2.靴べら式プラスチック短下肢装具装着における巻き戻し法の考案

                日高病院 リハビリテーションセンター 海津陽一

3.特別養護老人ホームにおける下肢装具作成から介護士主体による生活場面への導入方法

     社会福祉法人 関西中央福祉会 介護老人福祉施設 ケアホーム船橋 市川拓
 
4.carbon製短下肢装具を用いた装具療法により歩行能力が向上した片麻痺患者の経験

     JA長野厚生連鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院 宮下卓也

 

日程表

こちらをクリックしてください。

会場の地図

参加者の皆様へ

1. 参加受付について
日本理学療法士協会会員の方は会員証をご持参ください。
会員外の方は指定の用紙に記載して頂き、受付をお済ませください。学生は学生証を提示してください。

2. 領収書について
会員:領収書はマイページからの出力となります。
会員外:受付でお渡しします。

3. クロークについて
大きな荷物を置けるスペースを準備させていただきますが、常時スタッフが管理する形とはなっておりま
せん。ご自身で管理をしていただきますようお願いいたします。また、荷物の紛失等による責任は負えま
せんのでご了承ください。

4. 駐車場について
会場にはございませんので、近隣のコインパーキング等をご利用ください。

5. 喫煙所について
駐輪場にスペースがありますので、その場所以外での喫煙をご遠慮ください。

6. 会場内での飲食について
飲食可能

7. 昼食について
各自でご準備をお願いいたします。近隣の飲食店は少ないですが、そちらをご利用ください。

8. 履修ポイントについて
理学療法士会員:学会参加20 ポイントが取得可能となります。

9.託児所について
本フォーラムでは、託児所を設置しておりません。何卒ご了承ください。


フォーラムのちらしはこちら