2020.04.29

日本地域理学療法学会 COVID-19特別チーム募集要項

地域理学療法学会COVID-19 特別チームへの協力のお願い(第一次募集)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急事態宣言発令以降、外出の自粛要請を
はじめとする多くの対策がなされていますが、感染者数は高止まりの状況です。また、医療・介護
現場では多くの医療従事者が最前線で治療にあたり、理学療法士も専門家集団の一人として、そ
れぞれの専門性を発揮して、COVID-19に立ち向かっていただいています。心より敬意を表します

その一方で医療従事者の感染が後を絶たず、リハビリテーション関係者の感染報告も散見され
はじめています。このような状況の中、会員それぞれが、COVID-19に関して様々な取り組みを行
い、迅速な対応と活動を行っておられますが、情報が散乱しているのが実情です。実際、会員の
皆様から、どこに有益な情報があるのか、どのような対策をとればよいのか、信頼できる情報はどれ
なのかとの声も上がっております。よって、COVID-19に関する情報共有はもちろんのこと、情報の
発信ならびに情報の整理、独自の調査、相談など、会員の皆様に少しでも役立てるよう学会として
もCOVID-19に関する活動を進めたいと考えております。
すでに多くの分科学会・部門では特別チームを立ち上げ活動を開始しており、本会においても
、他の分科学会・部門、協会と協力してCOVID-19に対する理学療法に関する情報収集と情報共
有を図るため、特別チームを立ち上げたいと考えております。
会員の皆様が安心して業務に専念できるよう、また、地域理学療法の対象となる方々が健やか
に、住み慣れた環境で継続して生活が送れるよう、何卒、ご協力のほどよろしくお願い申し上げま
す。

地域理学療法学会 代表運営幹事 浅川康吉
特別チーム担当幹事 平野康之
牧迫飛雄馬

【特別チームの編成】
・特別チーム総責任者
代表幹事 浅川康吉
・特別チーム担当者
運営幹事 平野康之、牧迫飛雄馬、学会広報幹事
・特別チーム協力者
学会員(約50名程度)
日本理学療法士協会会員であることが前提

【活動班の構成】
※各班にまとめ役として班長、副班長を置く
①都道府県及び市町村事業など
②地域住民、地域活動、老人クラブなど
③学校保健
④通所(通所型リハ)
⑤施設(施設や高齢者住宅を生活の場とする回復期リハ、慢性期、維持期リハ)
⑥訪問(訪問リハ)
⑦社会参加
⑧制度(国の方針、医療保険、介護保険、福祉制度など)
➈生活環境整備(住環境評価、福祉用具など)

〔協力者の募集要項〕
インターネットによる募集
ご協力いただける方は、以下に示しますグーグルフォームの質問事項に沿って
ご回答ください。チーム編成が決まり次第、改めてご連絡させていただきます。

グーグルフォーム回答

https://forms.gle/P5e8jS1FFb6H6Gvx9  
締め切り
5月4日(24:00)

多数の応募をいただいた場合には締め切りを早めさせていただく場合があります。

〔留意事項〕
特別チームの活動に当たっては無報酬であり、有志の集まりによる運営となります。基本的な活
動はSNSなどでの情報発信、WEB会議によるHP掲載内容の吟味、その他調査やQ&Aの作成など

が中心となります。活動期間は5月~10月ごろを予定していますが、今後のCOVID-19の感染状況
やPostCOVID-19の状況などにより、活動期間の延長、二次募集などについて検討させていただ
きます。最終的なチーム構成は、担当幹事にご一任ください。
本件につきましてご不明な点、ご要望などございましたら下記連絡先までメールにてご連絡くだ
さい。何卒、ご協力賜りますようお願いいたします。
【連絡先】
東都大学 幕張ヒューマンケア学部 理学療法学科
平野康之
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野1-1 東館509号
Email: yasuyuki.hirano@tohto.ac.jp