活動内容

主な活動
1)運動器理学療法に関する学術活動の強化と他学会との連携
2)運動器理学療法の標準化と体系化
3)運動器理学療法に関する学術活動・情報の普及と啓発
4)国際的視野に立った学術と教育活動
5)運動器理学療法学会の組織としての成熟

第1回日本運動器理学療法学会九州ブロック学術小集会の開催の案内
テーマ 科学的思考に基づいた運動器理学療法の再考-経験と科学の融合-
日時 2015年11月1日(日)10:00~16:10 予定
会場 宮日会館宮日ホール(宮崎駅徒歩5分)
小集会長 常盤 直孝

プログラム
10:00~    開会式(大会長挨拶)
10:20~11:50 特別講演Ⅰ「運動連鎖からみた変形性股関節症と理学療法(仮題)」
        講師:加藤 浩(九州看護福祉大学)
11:50~12:50 昼食・休憩
12:50~14:20 症例検討
        指定演題1
        指定演題2
        指定演題3
14:30~16:00 特別講演Ⅱ「骨盤帯の機能障害に対する理学療法(仮題)」
        講師:多々良 大輔(福岡志恩病院)
16:00~16:10 閉会式ならびに次期学会案内

​第2回日本運動器理学療法学会東北ブロック学術小集会の開催の案内
テーマ これからの運動器理学療法のあり方
日時 2016年3月6日(日)8:50~16:00予定
会場 東北文化学園大学
小集会長 対馬 栄輝

プログラム
8:50      開会式(大会長挨拶)
9:00~10:30   特別講演Ⅰ「運動器理学療法のあり方(仮題)」
        講師:木藤 伸宏(広島国際大学)
10:40~12:10 特別講演Ⅱ「運動器理学療法と他分科学会との連携(仮題)」
        講師:小松 泰喜(東京工科大学)
13:10      シンポジウム
        運動器障害における評価と理学療法の提案(症例報告)
16:00      閉会式