役員紹介

役員紹介
一般社団法人 日本運動器理学療法学会 役員名簿(2021年9月1日現在)
 
◆理事長
 対馬 栄輝(弘前大学)

◆副理事長
 加藤 浩(山形県立保健医療大学)

 建内 宏重(京都大学)(機関誌調整委員会)  

◆監事
 金村 尚彦(埼玉県立大学)

   横山 茂樹(京都橘大学)  

◆理事
 赤坂 清和(埼玉医科大学)(ガイドライン部会)
 
 東 裕一(日本保健医療大学)(研究推進委員会)

   阿南 雅也(大分大学)(財務委員会)

   石田 和宏 (えにわ病院)(理学療法標準化検討員会)

   今井 亮太(大阪河﨑リハビリテーション大学)

   江原 弘之 (西鶴間メディカルクリニック)(広報委員会)

 白谷 智子(苑田第二病院)(総務委員会)
 
 田中 創 (福岡整形外科病院)
  
 西上 智彦(県立広島大学)
  
 森口 晃一 (西尾病院)
  
 葉 清規 (浜脇整形外科リハビリセンター)

◆評議員
   青山 誠(手稲渓仁会病院)

 家入 章(えにわ病院)

 市橋 則明(京都大学)

 石田 水里(弘前大学)

 上原 徹(名古屋市立大学西部医療センター)

 乙戸 崇寛(埼玉医科大学)

 揖野 允也(NHO柳井医療センター)

 河上 淳一(九州栄養福祉大学)

 川端 悠士(JA山口厚生連周東総合病院)

 木藤 伸宏(広島国際大学)

 久保田 雅史(金沢大学)

 高村 隆(東京スポーツ&整形外科クリニック)

 谷口 隆憲(福岡国際医療福祉大学)

 永井 聡(広瀬整形外科リウマチ科)

 原田 伸哉(福岡志恩病院)

 福田 敦美(通所リハビリテーションフレディ)

 古谷 英孝(苑田第三病院・苑田会東京脊椎脊髄病センター)

 松田 陽子(浜脇整形外科リハビリセンター)

 室井 宏育(総合南東北病院)

 山田 英司(仙台青葉学院短期大学) 

◆選挙管理委員
 関 公輔(いわてリハビリテーションセンター)
 
 髙橋 純平(弘前大学)

 中野渡 達哉(山形県立保健医療大学)
 
 畠山 和利(秋田大学医学部附属病院)

(五十音順)

役員あいさつ
 
◆理事長 対馬 栄輝
学会法人化という過渡期に差し掛かり,本来果たすべき学会の役割に十分取り組めていない現状でした.ましてやコロナ禍も相まって,特に第8回学術大会が中止に追い込まれた件では,会員の皆様に多大なる不安とご迷惑をおかけいたしました.
模索を繰り返しながら,このたびの法人化を受けて,より一層,臨床の質を上げるための教育・研究活動に向かって努力致します.少し準備期間を頂くことになりますが,会員皆様のご協力をもって目標に向かいたいと願っております.

◆副理事長 加藤 浩
日本の高齢化率は先進国の中でも高く,世界に先駆け超高齢社会に突入しています.それに伴い,近年,脊椎圧迫骨折,大腿骨近位部骨折,骨粗鬆症が関連する骨折,下肢関節症など運動器疾患で入院,手術が必要になる高齢者は急増していると言われています.特に下肢運動器の障害は起立や移動を困難にし,ADL,QOLの低下に直結します.これらあらゆる運動器障害に対し本学会は学術活動を通して貢献できるよう情報発信に努めた参りたいと思います.何卒,宜しくお願い申し上げます.

◆副理事長 建内 宏重  
日本運動器理学療法学会には,ライフステージの様々な局面での運動器疾患・障害に対する運動器理学療法の効果を示し,その存在意義を明確にしていく責任があります.そのためには,運動器理学療法の臨床と研究の高いレベルでの融合が必須であり,多くの臨床家,研究者からなる会員諸氏のご理解とご協力が不可欠です.日本運動器理学療法学会の安定した基盤づくりに精進する所存ですので,どうぞ宜しくお願いいたします.

◆監事 金村 尚彦
日本運動器理学療法学会が法人化され,学術団体として新たなスタートを切ることになり,その元年に監事の職を拝命いたしました.これまで,学会設立にあたり,御尽力にいたただきました皆様に,改めて敬意を表します.運動器理学療法の臨床や研究を通じて,会員の皆様の有益な議論の場となり,さらにその知見を社会に発信していくことが重要であります.監事として公正かつ適切な監事業務に努めて参ります.どうぞ宜しくお願い致します.

◆監事 横山 茂樹
2021年4月より,いよいよ日本運動器理学療法学会が法人団体として新たな歴史の一歩を踏み出しました.学術団体として会員の皆様に有益かつ質の高い研究成果を提供できるように取り組んでいくとともに,得られた知見を社会に発信できるような体制づくりを構築していきたい所存です.
コロナ禍の中,オンラインによる情報発信源が増えてきた中,学会の果たすべき役割を再考しつつ,真に社会の役に立つ運動器理学療法学の確立に向けて邁進していきたいと思います. 

◆理事 東 裕一
高齢化社会に入り運動器の障害を抱えた方は益々増加すると考えられます.自立した生活を送るには予防的に,あるいは早期より運動や治療を行う必要が増えてくるのではないでしょうか.以前はあまり話題となっていなかった疾患や加齢変化に対しても研究していく必要があると考えられます.学会も法人化し,多くの会員の方々と運動器障害に対する理学療法についての議論を深めていきたいと考えています.

◆理事 赤坂 清和
国民は、運動器理学療法に対して大変高い関心があります。肩こりや腰痛、膝の痛み、整形外科の治療後の理学療法により、症状を回復され、病前の日常生活へと復帰される方が沢山います。国民からのご期待にできるだけ応えて、運動器理学療法を学術的に発展させ、周知することが大切であると考えています。病気や怪我からの回復を促進し、健康を増進させ、予防にも貢献できる運動器理学療法士の活躍を発信したいと考えています。

◆理事 阿南 雅也
日本運動器理学療法学会は,2021年度に法人化され,新たな学術団体として新たにスタートしました.会員が積極的に臨床疑問を解決するための研究発表を行い,情報共有でき,臨床実践能力の向上につながる学術大会を企画してまいります.そして,会員の皆様とともに運動器理学療法の発展のために,学会が円滑に運営できるよう努めてまいりたいと思います.よろしくお願いいたします.

◆理事 石田 和宏 
日本理学療法士学会(JSPT)では2019年にJSPT VISION 2025を策定し, 1)理学療法の標準化,2)学会が主体となった多施設共同研究の実施,を2025年度までの重点課題として掲げました。既に2年が経過しましたが,運動器理学療法学会としても残りの4年間で確実に結果を残せるよう,評議員の一人として誠心誠意努力したいと考えております。
 
◆理事 今井 亮太
運動器理学療法の学術的発展に貢献できるように,また教育基盤の構築に尽力していきたいと思います.どうぞよろしくお願いいたします.

◆理事 江原 弘之
理学療法分科学会から一般社団法人となり,運営面は大きな変化を迎えています.法人化してより身近になった等,会員がメリットを感じられるように運営していきたいと考えておりますが,透明性ある学会活動のためには、情報発信が不可欠です.臨床・アカデミア・企業等,各領域の運動器理学療法に関わる会員の下支えとなる学会運営を心掛けていきます.

◆理事 白谷 智子
2021年4月に日本運動器理学療法学会は法人化し,今後,日本運動器理学療法学会が学術的に発展できるよう,皆様と一緒に運動器障害に対するアプローチのエビデンスを作り上げ確立できるよう努力する所存です.宜しく お願い致します.

◆理事 田中 創 
本会は2021年度から一般社団法人格を取得し,新たなスタートを切りました.その背景には,運動器理学療法の効果にかかるエビデンスの蓄積と発信という大きな課題があります.そのため,今後は理学療法科学の推進を一義とした組織運営を行い,その成果を社会へ向けて発信することが重要となります.多くの課題がありますが,会員の皆様と標準的な運動器理学療法(知識,評価,介入)の確立に向けて取り組んでいきたいと思います.宜しくお願いいたします.

◆理事 西上 智彦
運動器理学療法学会の発展のために,1)運動器理学療法に関する知識の標準化に向けた整備を実施すること,2)運動器疾患に関する正しい知識を国民に提供すること,3)臨床と学術の連携をより強化し,洗練された評価・介入を会員に提供するための仕組みを構築することを行なっていきたいと考えています.どうぞよろしくお願いします.

◆理事 森口 晃一
運動器に対する理学療法は,生活障害の改善から疾患の予防まで,その役割の範囲は広いものであります.安定的にかつ価値のある理学療法が提供できるためには,さらなる学術的な発展,特に理学療法の効果についてエビデンスを発信していくことが必須であると考えます.学会運営を通じて,その一役となれるように努力して参りたいと思います.

◆理事 葉 清規 
理事として,臨床で効果が得られている理学療法を学術的側面から検証すること,それを実践されている会員の方々,これから臨床研究に取り組みたい会員の方々をサポートすることで,理学療法を学術活動から社会へ還元させていきたいと考えております.当学会が会員の皆様にとって,臨床と学術が融合した魅力ある学会となるよう努力する所存ですので,どうぞ宜しくお願い致します.