第5回日本運動器理学療法学会
学術集会

テーマ 運動器障害をどう捉え、アプローチするか
会 場 札幌市教育文化会館(札幌市中央区北1条西13丁目)
会 期 2017年9月23日(土曜日)13時~19時
2017年9月24日(日曜日)10時~17時
学術集会長 対馬 栄輝(弘前大学)
学術副集会長 山崎 肇(羊ヶ丘病院)
準備委員長 石田 和宏(えにわ病院)
概 要 運動器障害に対する理学療法は障害を捉える考え方に変遷しており,現在までそのパラダイムチェンジの概念について話題提供してきた.本学会では,その後どう展開するべきかについて提案をしたい.具体的には障害部位によるアプローチと,全体障害像に対するアプローチの融合を試みて,今後の運動器理学療法発展のきっかけとするつもりである.
主 催 日本運動器理学療法学会、徒手理学療法部門、ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門
プログラム
○特別講演Ⅰ
テーマ 「運動器障害による疼痛に対する理学療法」

講師  鈴木 重行先生(名古屋大学大学院)
司会  対馬 栄輝先生(弘前大学大学院)
 
○特別講演Ⅱ
テーマ 「腰部障害に対する運動療法」
 
講師  伊藤 俊一先生(北海道千歳リハビリテーション大学)
司会  山崎 肇先生(羊ヶ丘病院)

○特別講演Ⅲ(徒手理学療法部門)
テーマ 「日本スピードスケートナショナルチーム帯同におけるマニュアルセラピストの役割」
 
講師  佐伯 武士先生(株式会社ELT健康増進研究所)
司会  竹井 仁先生(首都大学東京大学院)
 
○特別講演Ⅳ(ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門)
テーマ 「女性の体幹機能をどう捉え、アプローチするか」

講師  石井 美和子先生(Physiolink)
司会  山本 綾子先生(甲南女子大学)
 
○シンポジウム
テーマ 「運動器障害に対する理学療法の評価・アプローチ」

シンポジスト
赤坂 清和先生(埼玉医科大学大学院)
加藤 浩先生(九州看護福祉大学大学院)
千葉 恒先生(富良野協会病院)
司会  木藤 伸宏先生(広島国際大学),石田 和宏先生(えにわ病院)
演題募集期間 2017年4月21日~6月30日
問い合わせ 我汝会えにわ病院 リハビリテーション科
reha@eniwa-hosp.com 石田和宏

託児所について

第5回日本運動器理学療法学会学術集会では、託児所を開設します。
詳しくはこちら

学会スケジュール

参加者・演者・座長への御案内