学術大会

日本運動器理学療法学会の主な活動

1)運動器理学療法に関する学術活動の強化と他学会との連携
2)運動器理学療法の標準化と体系化
3)運動器理学療法に関する学術活動・情報の普及と啓発
4)国際的視野に立った学術と教育活動
5)運動器理学療法学会の組織としての成熟

第1回日本運動器理学療法学術集会

開催日時 2015年12月13日
開催地 大田区産業プラザ(東京)
テーマ 運動器理学療法の歩みと挑戦
大会長 木藤伸宏(広島国際大学)
副大会長 竹井仁(首都大学東京)
準備委員長 小松泰喜(東京工科大学)
参加者数 548名

第2回日本運動器理学療法学術集会

開催日時 2016年5月27-29日
開催地 第51回日本理学療法学術大会(札幌)
テーマ 理学療法学のアイデンティティ-基盤と分科-

第3回日本運動器理学療法学術集会

開催日時 2016年12月3-4日
開催地 本多の森ホール(金沢)
テーマ 運動器理学療法の未来と進歩
大会長 神戸晃男(金沢医科大学病院) 
副大会長 赤坂清和(埼玉医科大学大学院)
準備委員長 池田法子(金沢医科大学病院)
参加者数 662名

第4回日本運動器理学療法学術集会

開催日時 2017年5月12-14日
開催地 第52回日本理学療法学術大会(幕張)
テーマ  理学療法士の学術活動推進

第5回日本運動器理学療法学術集会

開催日時 2017年9月23-24日
開催地  札幌市教育文化会館(札幌)
テーマ 運動器障害をどう捉え、アプローチするか
大会長 対馬栄輝(弘前大学大学院)
副大会長 山崎肇
準備委員長 石田和宏(えにわ病院)
参加者 747名

第6回日本運動器理学療法学術大会

開催日時 2018年12月15-16日
開催地 福岡国際会議場(福岡)
テーマ 挑む 運動器理学療法の核心と革新
大会長 木藤伸宏(広島国際大学) 
副大会長 加藤浩(九州看護福祉大学)
常盤直孝(川越整形外科)
準備委員長 東裕一(高木病院)
参加者数 2,283名

第6回日本運動器理学療法学会学術大会の表彰者
 
大会長賞

田中 創 先生
「変形性膝関節症における理学療法の疼痛軽減効果の予測」

優秀賞

余野 聡子 先生(一般演題)
「線維筋痛症に対する中枢性感作評価指標の臨床的有用性の検討」

菅原 亮太 先生(症例報告)
「前脛骨筋腱裂離骨片を伴う右足部開放性脱臼骨折術後、早期足関節ROM運動を進めた一例」

第7回日本運動器理学療法学術大会

開催日時 2019年10月5-6日
開催地 岡山コンベンションセンター(岡山)
テーマ 繋ぐ-学術と臨床の連携-
大会長 山田英司(岡山専門職大学設置準備室) 
副大会長
準備委員長 前田慶明(広島大学大学院)
参加者数 2,338名

第7回日本運動器理学療法学会学術大会の表彰者

大会長賞

古谷 英孝 先生
「脊椎変性疾患術後患者における日本語版Lumbar Stiffness Disability Index の反応性」

優秀賞

桑原 渉 先生
「腰部脊柱管狭窄症患者における除圧術後6 ヵ月の遺残腰痛に影響を与える術前歩行機能因子の検討」

第8回日本運動器理学療法学術大会

開催日時 2020年10月17-18日
開催地 幕張メッセ国際会議場
テーマ 統合-運動器理学療法の将来に向けて‐
大会長 対馬栄輝(弘前大学大学院)
副大会長 山内正雄 (首都大学東京大学院)
準備委員長 松村将司(杏林大学)
参加者数 新型コロナ感染拡大のため開催中止

第9回日本運動器理学療法学術大会

開催日時 2021年9月11-12日
開催地 オンライン開催
テーマ 運動器理学療法の標準化
大会長 林 寛(彦根中央病院)
副大会長 ⾈⽊ ⼀夫(⽻島市⺠病院)
横⼭ 茂樹(京都橘⼤学)
準備委員長 宮﨑 純弥(京都橘⼤学)
参加者数