JSNPT SIGs

JSNPT SIGs -日本神経理学療法学会 第2回 参加型フォーラム2018-

会期 2019年1月12日(土) 9:50~18:20 (受付開始 9:20)
会場 楽楽楽ホール(宮城県仙台市太白区長町5丁目3-2)
テーマ 神経理学療法学の発展と臨床応用
大会長 阿部 浩明(広南病院)
 SIGsプログラム(PDF)


開催趣意

 2017年に日本理学療法士学会の分科学会が独立し、それぞれの専門性を高めるべく活動を開始した。神経理学療法学会では、昨年、新たな一歩を踏み出すべく、それぞれの分野、領域における問題点、行動目標を明確にして方向性を定めるための活動としてSIGsを開催した。昨年に引き続き、多方面のSIGを形成し、より活発に連携と議論を深めることを目標に、以下の企画を行うこととする。

日本神経理学療法学会 第2回 SIGs 参加型フォーラム2018
大会長 阿部 浩明


主な内容:

・基調講演 「日本神経理学療法学会が積極的に取り組むべき課題(仮)」
       吉尾 雅春(日本神経理学療法学会代表運営幹事)

・シンポジウム
 1「先端的研究と臨床との融合」
 2「臨床の脳画像所見と理学療法の実際」
 3「先端的脳画像解析から得られる情報と臨床への展開」
 4「パーキンソン病の理学療法最前線」
 5「脳卒中片麻痺者の歩行再建」

・SIG(Special interest group)
 「脳性麻痺(成人)」
 「脊髄損傷者に対するロボティクストレーニング」
 「pusher現象の臨床」
 「下肢装具に関わる地域連携」
 「Neuromodulationの最前線と臨床応用」