2017.09.19

日本糖尿病理学療法学会 学術集会

第2回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法学会合同学術集会

テーマ 呼吸・心血管・糖尿病理学療法の両輪 
-臨床&学術活動-
会 期 2018年7月16日(月・祝)海の日
場 所 パシフィコ横浜 会議センター
第2回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法学会合同学術大会 URL http://jspt.japanpt.or.jp/rcvdmpt2/

第2回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法学会合同学術大会 ポスター

演題募集期間は2018年1月5日(金)から2月2日(金)を予定しております.

第4回学術集会

Ⅰ.教育講演
タイトル 糖尿病理学療法研究のススメ 
初めの一歩:研究デザイン,上手なアンケートの作り方と統計解析
講 師 坂根直樹(京都医療センター)
Ⅱ.教育講演
タイトル 糖尿病・運動療法のトピックスと将来展望
講 師 田村好史(順天堂大学大学院)
Ⅲ.教育講演
タイトル 糖尿病足病変と重症下肢虚血に対する治療とリハビリテーション
講 師 菊池 守(下北沢病院)
​土田博光(誠潤会水戸病院)
Ⅳ.シンポジウム
テーマ やればできる!!糖尿病理学療法介入研究
シンポジスト 池永千寿子(製鉄記念八幡病院)
河江敏広(広島大学病院)
片岡弘明(KKR高松病院)
​瀧野皓哉(岐阜ハートセンター)

日本糖尿病理学療法学会 会員の皆様へ
​第52回日本理学療法学会学術集会の期間中に懇親会を開催いたします.詳細はこちらをご覧ください.なお,定員は100名となっております.定員になり次第,申込みを締め切らせて頂きます.
​参加をご希望される方はお早めにお申し込みください.お申し込み先やご質問などございましたらdmpt2017@gmail.comまでお願いいたします.

第3回学術集会

テーマ 分子生物学的観点から糖尿病患者の筋機能の可能性を探る
学術集会長 河辺信秀(茅ヶ崎リハビリテーション専門学校理学療法学科 専任講師)
第51回日本理学療法学術大会と同時開催
日本糖尿病学会 連携プログラム
教育講演
テーマ 「糖尿病患者の筋機能と糖代謝」
近年、糖尿病患者においては筋が変性することが報告されており、これらが糖代謝異常に影響を及ぼす可能性が指摘されている。運動療法による筋機能の改善を目指す理学療法士にとって、筋機能異常の糖代謝への影響を分子生物学的に理解することは必須であるといえる。本講演では、これらの知識を啓発することを目的とする。
期 日 2016 年5 月27 日(金) 11 時50 分-12時50 分(60 分間)
座 長 石黒 友康(日本糖尿病理学療法学会 運営幹事,健康科学大学 教授)
講 師 植木 浩二郎(東京大学大学院医学研究科分子糖尿病科学講座 特任教授,日本糖尿病学会 常務理事)
シンポジウム
テーマ 「分子生物学的観点から糖尿病患者の筋機能の可能性を探る」

糖尿病患者における筋機能の問題は、筋力低下という量的な問題に加えて、コーディネーションやバランス障害などへの影響も指摘されている。本シンポジウムでは、糖尿病患者における筋機能の障害はどのように発生し、どのような特徴が現時点で明らかになっているのかを示し、臨床的な介入方略の方向性を模索することを目的とする。
期 日 2016 年5 月27 日(金) 13 時00 分-15時10 分(130 分間)
座 長 野村卓生(日本糖尿病理学療法学会 代表運営幹事、関西福祉科学大学 教授)
井垣 誠(日本糖尿病理学療法学会 副代表運営幹事 公立豊岡病院日高医療センター)
シンポジスト 1.題目「糖尿病と骨の異常」
高木聖(常葉大学 教授)

2.題目「糖尿病患者における筋機能」
沖田孝一先生(北翔大学 教授)
 
3.題目「運動療法による筋機能の改善」
藤野英巳(神戸大学 教授)
セミナー
テーマ 「糖尿病足病変におけるリハビリテーションの意義」
期 日 2016 年5 月28 日(土) 18時50 分―19 時50 分(60 分間)
座 長 河辺信秀(日本糖尿病理学療法学会 運営幹事、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校 専任教員)
講 師 古川雅英(社会医療法人敬和会大分岡病院 創傷ケアセンター 形成外科部長)

第51回日本理学療法学術集会の事前参加登録が延長されました.
詳細はこちら
 

第51回日本理学療法学術大会の期間中に,日本呼吸理学療法学会と日本心血管理学療法学会の代表運営幹事の先生をお招きし,拡大懇親会を開催しました.

第2回学術集会

テーマ 疾病管理としての「糖尿病理学療法」の科学的根拠を探る
会 期 2016年2月20日(土)
会 場 はまぎんホール ヴィアマーレ(神奈川県横浜市)
学術集会長 松永 篤彦(北里大学大学院医療系研究科)
準備委員長 平木 幸治(聖マリアンナ医科大学病院)
お問い合わせ先 E-mail:dmpt1114@gmail.com

事前参加登録が開始されました.マイページからご登録ください.

本学術集会は,日本糖尿病療養指導士更新のための研修単位(2群1単位)心臓リハビリテーション指導士の更新単位(3単位)が取得可能です.

  事前申し込み 当日
会員 5,000円 7,000円
非会員   理学療法士  8,000円
関連職種   5,000円

参加申込期間
2015年11月2日(月) ~ 2016年1月24日(日)  

事前登録をされた方にはランチョンセミナーの整理券を配布します。当日申し込みの方はランチョンセミナーの整理券が無くなり次第配布終了になります。

出張許可願いは,各自ダウンロードしてご使用ください.
出張許可願いはこちら

当日申し込みの方へ
1.日本理学療法士協会の会員の方は、会員管理システムを利用して後日請求(楽天カード決済、バーコード式請求書)で統一させていただきます。よって、当日の金銭授受や領収書の受け渡しはございません。なお、領収書は各自マイページより出 力可能です。
2.非会員の理学療法士、他職種の方の当日参加費は現金で取り扱います。領収書は当日お渡しします。

第1回学術集会

テーマ 未来への一歩,糖尿病理学療法の確立に向けて
会 期 2015年1月31日(土)
会 場 千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市)
学術集会長 井垣 誠(公立豊岡病院日高医療センターリハビリテーション技術科科長)
準備委員長 浅田 史成(大阪労災病院 治療就労両立支援センター)