理事長挨拶

 一般社団法人日本理学療法教育学会は2021年4月に一般社団法人となり初代理事長に就任いたしました日高正巳と申します。前身の日本理学療法学会初代代表運営幹事の吉元洋一先生、2代目代表運営幹事の酒井桂太先生とともに、日本理学療法教育学会の運営に携わってまいりました。さらなる飛躍を求められるこのタイミングで、法人化し、理事長を拝命することとなり、身の引き締まる想いです。今後の設立社員総会を経て、本格的に稼働して参りますが、理事、評議員、そして会員の皆様とともに、本会を発展させていきたいと思います。
 2020年4月から新指定規則による理学療法養成教育がスタートすることとなりましたが、同時に新型コロナウイルス感染拡大によって、緊急事態宣言が発出され、学内教育ならびに臨床教育において、種々の制約が継続しています。そのような状況の中、理学療法教育に精力的に取り組まれておられます皆様に、感謝申し上げますとともに、早くコロナ禍が落ちつき平穏な理学療法教育が展開される日を迎えられますことを願ってやみません。
 さて、理学療法教育は、指定規則の改正にもみられますように、これからの社会の要請に応えうる理学療法士の輩出を、質高く取り組むことが求められています。中でも、専任教員の規定に基づく専任教育講習会の受講義務、臨床実習指導者における臨床実習指導者講習会の受講義務と教育する側の質向上に重点がおかれています。しかし、単に講習会を受けたから質が向上するというものでもありません。さらに、講習会の内容も次第にブラッシュアップされていくことが必要です。そのためには、どのような理学療法教育を展開することが効果的なのかという学術研究が必要となります。一般社団法人日本理学療法教育学会では、理学療法学教育の研究成果を共有する場として学術大会を開催していきます。また、蓄積されましたノウハウを共有し、相互に高め合う場としてのシンポジウムなども企画していきたいと思います。指定規則改正は概ね5年後になされることになっていますので、次期改訂に向けた備えも必要になって参ります。
 教育内容の変革は、出口である国家試験にも反映されていかなければなりませんし、教育を学ぶ者としての入口である入学者選抜においても考慮されることが必要です。このような教育制度のみならず、教育方法についても取り組んでいかなければなりません。
 さらに、時代は生涯学習の時代へとない、卒前の養成教育だけではなく、卒後の臨床教育・生涯学習についても大切なテーマとなってきます。公益社団法人日本理学療法士協会では新生涯学習システムをスタートさせていくことになっています。公益社団法人日本理学療法士協会とも協力し、理学療法士の質向上に寄与する取り組みを展開していきたいと考えています。
 これら学会が果たすべき目的を達成するためには、会員諸氏の研究発表ならびに日頃の実践が大切になってきます。是非、理学療法教育がさらなる発展を遂げれますようご協力をいただければと思います。ともに、取り組んで参りましょう。最後に公益社団法人日本理学療法士協会の会員のさらなる本会への登録とともに学術大会への多くの参加をよろしくお願い申し上げます。
2021年6月
                   一般社団法人日本理学療法教育学会
                       理事長 日高 正巳

日本理学療法教育学会<br>理事長 日高正巳

日本理学療法教育学会
理事長 日高正巳