第8回日本理学療法教育学会学術大会・第2回日本理学療法管理部門学術大会

学術大会の開催に際して

学術大会長挨拶
 2018年10月に発令された理学療法作業療法養成課程の指定規則改正では卒業に必要な単位数、養成課程総時間数が引き上げられ、さらに臨床実習指導者要件、臨床実習指導方法、養成施設教員要件について臨床能力向上に向けた見直しがなされました。指定規則改正に伴い、理学療法士に求められる臨床能力が明確になり、卒前教育の内容に梃入れがなされたとも言えるでしょう。2019年5月、元号が「令和」に代わったいま、新カリキュラムの申請や臨床実習指導者の育成に向けた諸活動が猛スピードで推し進められています。皆さまにも少なからずその風を感じる瞬間(とき)が既にあるかも知れません。
 理学療法教育は卒前教育である学内教育(養成校教育)と学外教育(臨床実習)を基盤とし、免許取得後は新人教育から中堅管理職に至るまで生涯継続した学修が体系化され、臨床能力向上のための切れ目のない教育が提供されなければなりません。
 新しい指定規則の施行に向けて有資格者である先人理学療法士が協同して、学校教育を基礎とした就職直後の新人教育から専門職種としての生涯学習に至るまで、切れ目のない理学療法教育について語り合う必要があります。そして理学療法教育の中核(コア)を明確にし、教育に関する情報共有のネットワーク構築により理学療法教育体制の整備を推し進めることが急務となっています。 
 現行の理学療法学会、理学療法部門は2018年度より分科会として独立し、理学療法の専門性について知識と技能の向上、人材の育成に力を注いでいます。そして理学療法教育の国際的基準、認知に基づいた教育ガイドライン作成とコアカリキュラム作成、臨床実習手引きの作成についても協同していますが、分科学会・部門の専門的立場から理学療法教育ついて情報共有・情報交換が十分ではありません。
 令和の言葉の意味には、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ。梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように願う」があります。まさしく現在の理学療法士養成においても同じことが言えると思います。つまり会員相互が心を寄せ合い語り合うことで、理学療法教育の中核(コア)が生まれ育ち、国民に求められる有資格者として花咲くことが期待されていると言えます。
 今回のテーマは理学療法士の教育・管理における情報ネットワークの構築とし、分科学会・部門が担当する専門領域において、臨床能力向上のためのコア・エデュケーションを紐解き、必要とされる理学療法教育の目的と方法論、教育の実情と課題を提示し、生涯学習との連動について情報ネットワークの活用を考えていただく構成といたしました。是非この機会に皆さまと情報を共有し、次世代の理学療法士育成にお力をいただければ幸いです。

第8回日本理学療法教育学会学術大会
大会長 三宅 わか子

謹啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
日頃より、日本理学療法士協会 理学療法管理部門の活動に対し格段のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 管理と一言で言っても病院、施設、訪問事業所など組織の規模や形態により、管理者の課題や役割もそれぞれ異なることと思います。そのため多くの現場の理学療法管理者は、課題解決に向け悩みながら試行錯誤しているのではないでしょうか? そのような管理者に向け我々は、「質の高い理学療法を提供し、組織ミッションの達成に貢献するために、組織、人材の活性化や効率化を図り続けること」を部門使命に挙げさせていただき、現場管理者に有用な情報の収集やその情報提供の場を企画する活動を進めています。
2018年、第1回理学療法管理部門研究会(場所:兵庫医療大学)が日本理学療法教育学会と共催で行われました。第2回理学療法管理部門研究会(2019年11月23-24日 名古屋学院大学 名古屋キャンパスしろとり)も昨年と同様教育学会と共催で「理学療法教育・管理における情報ネットワークの構築」をテーマに開催させていただきます。管理部門のサブテーマは、「組織力向上のためのナレッジマネジメント」です。ナレッジマネジメントとは、日本語訳で「知識経営」と訳され、スタッフの経験知や個人知の組織知への変換や、組織知から個人知への変換を通して、組織力を向上させるための取り組みです。その知的情報の変換の仕組み(例:教育システム)づくりにおいて部門内外における質の高い情報ネットワークの構築は不可欠です。
本研究会を通して管理者の方々のネットワークを推進し、日々の管理課題の解決に少しでも貢献できれば幸いです。多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上ております。


第2回理学療法管理部門研究会
大会長  村永信吾
 

開催概要

開催概要
1.名称  第54回日本理学療法学術大会
       第8回日本理学療法教育学会学術大会
       第2回日本理学療法管理部門研究会
2.会期  20191123日(土)・24日(日)
          1日目:10時開始~1730分終了予定
          2日目:  9時開始~16時終了予定
3.会場    名古屋学院大学 名古屋キャンパスしろとり
       https://www.ngu.jp/outline/campus/
4.学術大会長  三宅わか子(教育学会、星城大学リハビリテーション学院)
      研究会会長  村永 信吾(管理部門、亀田メディカルセンター)
5.準備委員長  中川 仁 (教育学会、星城大学リハビリテーション学院)
         松田 徹 (管理部門、亀田メディカルセンター)    
 
学術大会企画
準備中

演題募集

演題登録は締め切らせて頂きました。
多数のご応募ありがとうございました。

参加者の方へ

事前参加登録は9月1日からです。しばらくお待ち下さい。

託児のご案内

お子様のいらっしゃる先生方にも安心して学会にご参加いただけるように、託児室
を設置いたします。託児人数に限りがございますので、事前申し込みのみ(先着順、
締切2019年10月23日)とさせていただきますので、予めご了承ください。対象年
齢、託児定員、申し込み方法、当日の持ち物等は、ホームページに掲載しておりま
す。ご確認ください。
申込受付開始は、参加の事前登録と同じく9月1日です。

託児サービスについてのご案内

会場アクセス

会場へのアクセスはこちらから