若手研究者(U39)

日本理学療法学会では,毎年の学術大会にて「若手研究者による先端的基礎理学療法研究紹介」というシンポジウムを企画しております.レベルの高い学術雑誌に論文が掲載された若手研究者に,研究内容を紹介してもらいます.
シンポジストは,他者推薦・自己推薦された39歳以下の若手研究者の中から,厳正な基準に基づいて選定されます.本ホームページで推薦の案内をしますので,是非,応募してください.

今年度(2018)の若手研究者(U39)

長坂 和明 (産業技術総合研究所人間情報研究部門) 
「サルモデルを用いた視床痛を引き起こす神経可塑性の解明」

飯島 弘貴 (慶應義塾大学理工学部/京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
「変形性膝関節症における再生リハビリテーション確立に向けた分野横断型研究」

犬飼 康人 (新潟医療福祉大学リハビリテーション学部理学療法学科)
「前庭器官へのノイズ電流刺激が立位姿勢制御に与える影響」

宮本 俊朗 (兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科)
「疾病予防に対する神経筋電気刺激の可能性を探る」

梅原 潤 (京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
「小胸筋の柔軟性と肩甲骨運動の関連」

谷口 匡 (京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
「高齢期における骨格筋の質的変化が筋力発揮に及ぼす影響」

昨年度(2017)の若手研究者(U39)

写真左から, 菅原 和広 先生, 菅田 陽怜 先生, 大住 倫弘 先生, 石田 章真 先生, 斎藤 慧 先生, 渡邊 龍憲 先生(枠内)

写真左から, 菅原 和広 先生, 菅田 陽怜 先生, 大住 倫弘 先生, 石田 章真 先生, 斎藤 慧 先生, 渡邊 龍憲 先生(枠内)

菅原 和広(東北福祉大学健康科学部リハビリテーション学科)
「 随意筋収縮強度変化が体性感覚誘発磁界に及ぼす影響」

菅田 陽怜 (大分大学福祉健康科学部福祉健康科学科)
「運動イメージ・運動模倣の神経基盤を探る」

渡邊 龍憲(名古屋大学大学院医学系研究科)
「予測的姿勢制御と抑制機能の関連からみたステップ反応動作戦略」

大住 倫弘(畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター)
「 難治性疼痛のリハビリテーション研究」

石田 章真(名古屋市立大学大学院医学研究科)
「脳卒中後の集中的リハビリテーションにおける皮質脳幹路系の役割」
 
齊藤 慧(新潟医療福祉大学理学療法学科/新潟医療福祉大学運動機能医科学研究所)
「末梢電気刺激がもたらす神経生理学効果の検証」