若手研究者(U39)

日本理学療法学会では,毎年の学術大会にて「若手研究者による先端的基礎理学療法研究紹介」というシンポジウムを企画しております.レベルの高い学術雑誌に論文が掲載された若手研究者に,研究内容を紹介してもらいます.
シンポジストは,他者推薦・自己推薦された39歳以下の若手研究者の中から,厳正な基準に基づいて選定されます.本ホームページで推薦の案内をしますので,是非,応募してください.

2019年度の若手研究者(U39)

左から市橋先生,松木先生,山縣先生,高林先生,中島先生,宮口先生,堀田先生,河上先生

左から市橋先生,松木先生,山縣先生,高林先生,中島先生,宮口先生,堀田先生,河上先生

中島 和希(横浜市立大学医学部生理学)
「脳損傷後の機能回復を促進する新規薬剤の開発」

宮口 翔太 (新潟医療福祉大学リハビリテーション学部)
「経頭蓋交流電流刺激が運動パフォーマンスに与える影響」

堀田 一樹 (新潟医療福祉大学リハビリテーション学部)
「骨格筋における微小循環の調節機序」

高林 知也 (新潟医療福祉大学リハビリテーション学部)
「ランニング中に生じる足部内のバイオメカニクス」

山縣 桃子 (京都大学大学院医学研究科運動機能開発学分野臨床バイオメカニクス研究室)
「立位・歩行制御時の身体の協調性」

松木 明好 (四條畷学園大学リハビリテーション学部)
「Vestibular neuromodulation and cerebellum」

2018年度の若手研究者(U39)

長坂 和明 (産業技術総合研究所人間情報研究部門) 
「サルモデルを用いた視床痛を引き起こす神経可塑性の解明」

飯島 弘貴 (慶應義塾大学理工学部/京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
「変形性膝関節症における再生リハビリテーション確立に向けた分野横断型研究」

犬飼 康人 (新潟医療福祉大学リハビリテーション学部理学療法学科)
「前庭器官へのノイズ電流刺激が立位姿勢制御に与える影響」

宮本 俊朗 (兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科)
「疾病予防に対する神経筋電気刺激の可能性を探る」

梅原 潤 (京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
「小胸筋の柔軟性と肩甲骨運動の関連」

谷口 匡 (京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
「高齢期における骨格筋の質的変化が筋力発揮に及ぼす影響」

2017年度の若手研究者(U39)

写真左から, 菅原 和広 先生, 菅田 陽怜 先生, 大住 倫弘 先生, 石田 章真 先生, 斎藤 慧 先生, 渡邊 龍憲 先生(枠内)

写真左から, 菅原 和広 先生, 菅田 陽怜 先生, 大住 倫弘 先生, 石田 章真 先生, 斎藤 慧 先生, 渡邊 龍憲 先生(枠内)

菅原 和広(東北福祉大学健康科学部リハビリテーション学科)
「 随意筋収縮強度変化が体性感覚誘発磁界に及ぼす影響」

菅田 陽怜 (大分大学福祉健康科学部福祉健康科学科)
「運動イメージ・運動模倣の神経基盤を探る」

渡邊 龍憲(名古屋大学大学院医学系研究科)
「予測的姿勢制御と抑制機能の関連からみたステップ反応動作戦略」

大住 倫弘(畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター)
「 難治性疼痛のリハビリテーション研究」

石田 章真(名古屋市立大学大学院医学研究科)
「脳卒中後の集中的リハビリテーションにおける皮質脳幹路系の役割」
 
齊藤 慧(新潟医療福祉大学理学療法学科/新潟医療福祉大学運動機能医科学研究所)
「末梢電気刺激がもたらす神経生理学効果の検証」