2021.02.19

第26回 学術大会 in 北海道

学会ホームページはこちら

演題募集期間
2021年4月6日(火)9時 ~ 5月7日(金)17時
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
募集演題
・日本語演題(口述)
・日本語演題(ポスター)
・英語演題(口述)
・専門理学療法士(基礎)必須発表会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ 日本語演題の発表形式の選択はできません
※ 専門理学療法士(基礎)必須発表会は日本語での口述発表のみとなります
※ WEB開催となった場合には変更となる可能性があります

 

プログラム

※敬称略

大会長基調講演
 姿勢制御アプローチにおける提言
 講師:浅賀 忠義(北海道大学 大学院保健科学研究院)
 
特別講演
 定量的歩行分析指標に基づくリハビリテーション治療の展開
 講師:長谷 公隆(関西医科大学 リハビリテーション医学講座)
 
海外招聘講演
 Effects of exercise in people with neurological diseases and the role of technology
 講師:Martina Mancini (Oregon Health & Science University)
 
教育講演1
 ミオパチーに対する理学療法 -その安全性と有効性-
 講師:山田 崇史(札幌医科大学 保健医療学部)
 
教育講演2
 理学療法と泌尿器科の不思議な関係 -遠くて近い2つの世界-
 講師:橘田 岳也(北海道大学病院 泌尿器科)
 
教育講演3
 DX時代における理学療法学 -データ科学との融合へ向けて-(仮)
 講師:松井 佑介(名古屋大学 大学院医学系研究科)
 
教育講演4
 脳障害後の機能回復における分子メカニズム(仮)
 講師:山下 俊英(大阪大学大学院医学系研究科)
 
教育講演5
 AIロボティクスによる理学療法の可能性
 講師:牛場 潤一(慶應義塾大学 理工学部)
 
教育講演6
 認知機能を高める運動条件と神経基盤(仮)
 講師:征矢 英昭(筑波大学 体育系)
 
教育講演7
 現在における痙縮発症メカニズム -痙縮への新たな基礎的取り組み-
 講師:李 佐知子(名古屋大学 医学系研究科創生理学療法学講座)
 
教育講演8
 再生医学とリハビリテーション(仮)
 講師:黒木 裕士(京都大学 医学研究科人間健康科学系専攻)
 
シンポジウム1
 テーマ:姿勢制御と臨床応用
 
 姿勢制御メカニズムとその臨床応用の可能性
 講師:野村 泰伸(大阪大学 大学院基礎工学研究科)
 
 姿勢制御と臨床応用(仮)
 講師:安田 和弘(早稲田大学 理工学術院総合研究所)
 
 HALによる運動改善効果の解析:臨床運動解析学の視点から(仮)
 講師:門根 秀樹(筑波大学 医学医療系臨床医学域)
 
シンポジウム2
 U-39最先端研究紹介
 
シンポジウム3
 テーマ:学会の在り方 -他分科学会からの提言-

 講師:森岡 周(畿央大学 ニューロリハビリテーション研究センター)
    高橋 哲也(順天堂大学 保健医療学部)
    加藤  浩(山形県立保健医療大学 保健医療学部)
    ※ 各講師のテーマは未定

共催シンポジウム
 テーマ:理学療法士が知っておきたい運動器の痛み

 講師:田口 徹(新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部)
    櫻井 博紀(常葉大学 保健医療学部・准教授)
    大鶴 直史(新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部)
    ※各講師のテーマは未定