2017.06.16

第2回 基礎理学療法学「夏の学校」

重要なお知らせ

会場ホテルに宿泊せず懇親会に参加する先生方へ

会場ホテルに宿泊せず懇親会に参加する先生方は同旨について8/12(土)までに本田(yhonda@nagasaki-u.ac.jp)へ御連絡下さい。

また、当日に受付にて「会場ホテルに宿泊せず、懇親会に参加する」旨をお伝え頂き、懇親会費として5,500円をお支払いください(夏の学校の参加費とは別途となります)。
http://jspt.japanpt.or.jp/jsptf/info/natsu2.html

宿泊施設の不足により会場ホテルに宿泊できない先生には多大なご迷惑をおかけします.こちらに不備があったことを深くお詫び申し上げます.

世界的に人口が高齢化しつつある今日,理学療法学は様々な国で重要視されていますが,その中でも本邦の理学療法学では基礎分野が非常に長けていると思います.特に若い世代の研究者は恵まれた環境で高いレベルの研究を国際的に展開しており,既に高いレベルに達しているといえます.ただ,個人の研究者が優れているだけでは,組織的に学問体系を進化させ,長年課題とされている基礎と臨床の繋がりを実現し,日本の理学療法学全体のレベルを向上させることはできません.そこに求められるのは,研究者による「ネットワーク」だと考えます.そして,研究者ネットワークの形成を目的の一つとして企画されているのが,合宿形式で行われるこの「基礎理学療法学 夏の学校」です.
「基礎理学療法学 夏の学校」は,時間に制限されない深い議論と情報交換の場を提供し,お互いの認識を高めて競争心を刺激するとともに,自分の専門以外の研究への好奇心を沸き立て,コラボレーションを促進します.また,深く長い議論によって形成された若手の研究者ネットワークは,将来に企画される学会や研究会の質を高め,臨床との繋がりを導いていくと考えます.
そこで,第2回目の「基礎理学療法学 夏の学校」の開催を予定しています.ベテラン研究者の講演に加え,若手研究者による講演・パネルディスカッション,研究情報交換会等が組み込まれる予定で,学会では味得ない深いクロストークが実現できるよう努力したいと考えています.


<問い合わせ>
長崎大学病院 本田 祐一郎
E-mail:yhonda@nagasaki-u.ac.jp TEL:095-819-7258  FAX:095-819-7259


開催概要PDFファイルはこちらから
 

<開催概要>

日 時:2017年8月19日(土曜日)~8月20日(日曜日)
場 所: 矢太樓南館(長崎県)
 
実行委員長  本田 祐一郎
(担当運営幹事 中野 治郎)

事務局   長崎大学
(担当者名)本田 祐一郎
TEL:095-819-7258 E-mail:yhonda@nagasaki-u.ac.jp
 

学術集会企画
○特別講演
テーマ 『動物実験と理学療法研究』
講師  石田 和人 先生
(名古屋大学大学院医学系研究科リハビリテーション療法学専攻)
司会  坂本 淳哉 先生
(長崎大学大学院医歯薬総合研究科保健学専攻理学療法学分野)
 
○特別研究者講演
テーマ 『運動刺激下の既存筋線維への筋衛星細胞の取り込み』
講師  伊東 佑太 先生(名古屋学院大学 リハビリテーション学部)
司会  中村 雅俊 先生(新潟医療福祉大学 運動機能医科学研究所)
 
○パネルディスカッション
テーマ 『機能障害に対する基礎理学療法学的アプローチの探索-末梢組織への治療介入効果の検証』
シンポジスト
佐々部 陵 先生(長崎大学病院 リハビリテーション部)
松尾 英明 先生(福井大学医学部附属病院 リハビリテーション部)
横山 真吾 先生(豊橋創造大学 保健医療学部理学療法学科)
司会
本田 祐一郎 先生(長崎大学病院 リハビリテーション部)
濱上 陽平  先生(十善会病院 リハビリテーション科)

 

<演題募集>
口述討論会およびポスター討論会の演題を募集いたします.クローズな会といたしますので,過去に発表済みの内容やそれらをまとめたもの,今後予定している研究計画でも応募可能です.なお,各演題の討論形式は実行委員会にて決定いたしますことをご了承ください.

演題抄録の募集期間:平成29年4月10(月)~6月30(金)

演題登録用ファイルに必要事項を記入し,下記までメールでお送りください.

応募先:E-mail:jptf_summer_02@yahoo.co.jp(長崎大学病院 佐々部 陵)

採否および討論形式の連絡:7月上旬を目処に応募されたメールアドレス宛に連絡
 

<参加費>
・会員:事前登録6000円(平成29年7月31日まで)
※ (公社)日本理学療法士協会マイページまたはセミナー・講習会情報閲覧より手続きください((セミナー番号:13318、開催所在地(長崎県)、開催日などで検索).
※ 新人教育プログラムを終了されている方で日本基礎理学療法学会の会員でない方は,日本基礎理学療法学会に登録することをお勧めいたします.なお分科会学会への登録は,(公社)日本理学療法士協会マイページより行うことができます.
※ 専門理学療法士必須発表会の発表会を希望する方は,「第2回基礎理学療法学 夏の学校」への事前登録はしないでください.

・非会員:
A.医師,作業療法士,体育学研究者,工学研究者など,理学療法士ではなく,(公社)日本理学療法士協会員でない方:当日登録6,000円
B.理学療法士免許を持ち,(公社)日本理学療法士協会員でない方:当日登録10,000円
            ※ A.に該当する方は,下記問い合わせ先(本田)へ,事前に宿泊についてのご連絡をお願いします.
※  B.に該当する方は,(公社)日本理学療法士協会への入会をお勧めいたします.

<宿泊>
宿泊費:1泊2食(初日の懇親会参加費を含む) 12,520円(1室6名での利用)
宿泊申し込み期限:平成29年6月30日(金)
宿泊申し込み先:矢太樓・矢太樓南館 担当:営業部 村木 様
TEL:095-828-1111/FAX:095-828-1122
宿泊申し込みは,ホテルへ直接電話を入れるか,FAXにて申込用紙をホテルにお送りください.
また,シングル利用などの宿泊人数の希望や領収書の発行についても,上記ホテル担当者へご相談ください.

<問い合わせ>
長崎大学病院  本田  祐一郎
 E-mail:yhonda@nagasaki-u.ac.jp  TEL:095-819-7258    FAX:095-819-7259

アクセス

発表要項

○ 口述発表について
1)  口述発表は 1 人 20 分(発表 15 分,質疑 5 分)として進行します.
2)    口述発表はすべて PC プレゼンテーション(1 面映写)です.
3)    会場には,Windows 7 の PC(Power point 2010)を用意致します.
4)    発表データは Windows で読み取り可能な USB メモリに保存してご持参ください.
5)    発表データのファイル名は「演題番号_発表者」としてください.
  アプリケーションは Windows 版 Power point 2007 以降を使用してください.
* Macintosh 版 Power point で作成されたデータで発表の際は,ご自身の PC をご持参くだ
さい(詳細は下記を参照してください).
6)    ウイルスチェックを事前に行ってください.
7)    発表データは,会場内の PC に一旦コピーさせていただきますが,学会終了後に事務局が責
任をもって消去致します.
 
【Macintosh 版 Power point 使用の場合】
1)    お持ち込みいただきます PC は,mini D-sub 15 pin のモニター出力端子(図 1)が必要にな
ります.この端子が無い PC をお持ち込みいただく場合には,別途変換コネクタを必ずご用
意ください.
2)    スクリーンセーバーならびに省電力設定は予め解除してください.
3)    必ず電源ケーブルをご持参ください.
4)    会場にて用意したプロジェクターと接続ができない場合に備え,バックアップ用のデータを
持参されることをお勧めいたします.

○ ポスター発表について
1)    ポスター発表者には発表概要についてのプレゼンテーションを 1 分間で行って頂きます.な
お,1 分プレゼンテーション用の資料は power point スライド 1 枚で作成してください.
2)  1 分プレゼンテーション用の power point ファイルは PC 受付にてお預かり致します.なお,
発表データの詳細については前述の「○ 口述発表について」の項に準じてください.
3)  全ての演題の発表を行った後,懇親会にて全参加者によるディスカッションに移ります.
4)    ポスター演題は,参加者閲覧用のポスター掲示(サイズ,掲示要領は下記参照)となります.
5)    ポスターの設置および撤去は休憩時間などを利用して実施してください.
6)    演者受付は行いません.ポスター貼付時間内に指定のパネルへポスターを貼付してください.
7)    ポスター発表後は,指定された時間内に撤去して必ず各自でお持ち帰りください.
*指定時間を過ぎても撤去されないポスターは,事務局にて処分いたしますので,予めご了
承ください.

【掲示要領】
1)    事務局で用意するもの
  ・ 演題番号(20cm×20 cm)
  ・ 貼付用具
2)    発表用ポスターについて
  ・ ポスターのサイズは,横 90cm×縦 150 cm 以内にまとめてください.
・ ポスター内には,発表者の顔がわかるように顔写真(L 判程度:8.9 cm  ×12.7 cm を推
奨)を掲載してください.
3)  ポスター掲示に関する注意点
  ・ A4 判のスライドを複数枚貼付する形式では,貼付できる枚数が極めて制限される可能性
が考えられます.つきましては,A4 判で印刷の後事前に貼り合わせるなどして 1 枚のポ
スターをご準備していただきますよう,お願い致します.
   ○ 特別研究者講演およびパネルディスカッションについて
1)    特別研究者講演は 1 人 25 分(発表 20 分,質疑 5 分)として進行します.
2)  パネルディスカッションでの発表時間は,1 人 20 分とします.3 名の発表の後,15 分の討論
時間を設けます.
2)    発表は,すべて PC プレゼンテーション(1 面映写)です.
3)    会場には,Windows 7 の PC(Power point 2010)を用意致します.
4)    発表データは,Windows で読み取り可能な USB メモリに保存してご持参ください.
5)    発表データのファイル名は,「演題番号_発表者」としてください.
  アプリケーションは Windows 版 Power point 2007 以降を使用してください.
*Macintosh 版 Power point で作成されたデータで発表の際は,ご自身の PC をご持参くだ
さい(詳細は下記を参照してください).
6)    ウイルスチェックを事前に行ってください.
7)    発表データは,会場内の PC に一旦コピーさせていただきますが,学会終了後に事務局が責任をもって消去致します.
 
【Macintosh 版 Power point 使用の場合】
1)  口述発表に準じます.「○ 口述発表について」をご確認ください.

発表要項のPDFファイルはこちらからダウンロードできます