若手研究推進委員会

若手研究推進委員会について

若手研究推進委員会の初代委員長を拝命しました大分大学の菅田陽怜と申します。よろしくお願い致します。
近年、若手研究者を中心とした企画が多くの学会で積極的に行われており、それに伴う研究水準の底上げが多くの学会で進んでいます。我々日本基礎理学療法学会の若手研究者も、基礎理学療法の研究水準の底上げを図るために、これまでどおりの縦のつながりのみならず横のつながり、すなわち若手研究者同士の相互ネットワークを強化していく必要があると考えています。これにより、理学療法効果に関する新たな科学的知見の開拓につながり、引いては患者様に還元するための最良の理学療法につながるものと信じています。この若手研究者の相互ネットワークの強化を図るために委員会一同尽力する所存です。特に「基礎理学療法学 夏の学校」は本委員会の目玉企画であり、若手研究者の相互ネットワーク形成のための大変よい機会であると考えています。皆様、ぜひご参加ください。


 

【メンバー紹介】

氏名:
菅田 陽怜(すがた ひさと)
所属:
大分大学福祉健康科学部理学療法コース
専門分野:
脳内運動学習機構の解明およびその制御,脳機能イメージング
コメント:
種々の脳機能計測装置を用いて脳活動を可視化することで,脳科学的な視点から理学療法の効果検証を行っています.また,脳機能を外的に制御するための神経リハビリテーションの開発を進めています.



 

氏名:
縣 信秀(あがた のぶひで)
所属:
常葉大学保健医療学部理学療法学科
専門分野:
筋損傷に対する機械刺激の効果検証・メカニズムの解明
コメント:
多くの若手研究者と交流することで自分の研究を深めるとともに,若手研究者の相互交流の橋渡し役を努めさせていただきます.



 

氏名:
高松泰行(たかまつ やすゆき)
所属:
北海道大学大学院保健科学研究院
専門分野:
神経科学
コメント:
中枢神経疾患に対する理学療法の効果検証や作用メカニズム解明をテーマに研究を行っています.

 

氏名:
中村雅俊(なかむら まさとし)
所属:
新潟医療福祉大学運動機能医科学研究所
専門分野:
生体におけるストレッチング,レジスタンストレーニングの効果検証
コメント:
様々な領域の最新知見を勉強させてもらい,その知見を生体に応用するトランスレーショナルリサーチが出来るように研究を行っております.




 

氏名:
角園 恵(すみぞの めぐみ)
所属:
鹿児島大学大学院保健学研究科
専門分野:
神経因性疼痛における運動療法効果、神経因性疼痛メカニズム
コメント:
若手研究者の皆様が積極的に交流できる場を提供するとともに自己研鑽に努めます.



 

氏名:
本田 祐一郎(ほんだ ゆういちろう)
所属:
長崎大学病院リハビリテーション部
専門分野:
筋性拘縮の発生に関わる分子機構解明と理学療法学的予防対策の生物学的効果の検証
コメント:
若手研究者の先生方と切磋琢磨し,日々のリハビリ診療に還元できる理学療法学的研究を目指します

氏    名:
福本 悠樹(ふくもと ゆうき)
所    属:
関西医療大学保健医療学部 臨床理学療法学教室
専門分野:
運動イメージが脊髄前角細胞の興奮性と実運動における運動の正確さに与える影響およびその関連性
コメント:
何らかの要因によって、運動の実施が困難であったり禁忌である患者に対して、特別な機器の使用が必要なく、時間や場所に制限されない運動イメージは有用な治療手段になると考えられます。しかし、運動イメージは、未だ推奨グレードがC1であり、研究数の少なさがいわれております。特に運動イメージが脊髄レベルや、正確な運動の実施能力に与える影響は報告が少なく、その点を明らかにできるよう研究を続けているところです。