第1回栄養・嚥下理学療法部門研究会を終えて

 

2018年2月18日(日)
 
第1回栄養・嚥下理学療法部門研究会を開催しました。
本会にご興味を持って頂いたすべての方に感謝を申し上げます。
申し込みをお考えになられていたが定員で締切となって参加ができなかった方にはご迷惑をお掛けしました。

​今後とも本会運営に関しご高配のほどお願い申し上げます。

 
 
​日本理学療法士学会
栄養・嚥下理学療法部門 
運営幹事 一同
 

 

【研究会開催報告】

 

本部門初の広報チラシ

本部門初の広報チラシ

広報チラシpdfは こちら
 

2018年2月18日日曜日  良い天気に恵まれた東京。 筑波大学(東京キャンパス文京校舎)での会場準備を始めました。

2018年2月18日日曜日  良い天気に恵まれた東京。 筑波大学(東京キャンパス文京校舎)での会場準備を始めました。

山田運営幹事のゼミの皆さんにご協力をいただきました。

山田運営幹事のゼミの皆さんにご協力をいただきました。

 

第1回栄養・嚥下理学療法部門研究会集会長である吉田 剛代表運営運営幹事の挨拶から会は始まり、参加者は120名でした。
初の研究会において、部門としての取り組みや展望をお話しさせて頂きました。

 

【教育講演 栄養理学療法のための基礎知識】
講師 山田 実運営幹事(筑波大学)
この講演ではサルコペニア、フレイルの基礎的な事項や筋肉に関する最新の知見、運動に関しての研究など多くの学びを得ました。
​また、山田先生自身の研究内容も発表されました。
​参加者の皆さんの講義に対する熱い思いが伝わる時間となりました。

 

【教育講演 嚥下理学療法のための基礎知識】 講師 吉田 剛(高崎健康福祉大学 代表運営幹事)
​この講演では、吉田先生が卒前教育から嚥下について教授活動をされていること。
そして、この領域での今までの知見を詳細に講演して頂きました。

 

【シンポジウム 多職種から栄養・嚥下理学療法に期待するところ~現場からの提言~】

シンポジストの各先生方をお招きして理学療法に期待する事をお話しいただききました。

​各職種の取り組みから我々理学療法士への屈託ない要望と期待を頂戴しました。

​司会は、中島 活弥(藤沢湘南台病院)と南谷 さつきの両運営幹事が務めました。
​フロアからもご質問、ご意見を頂戴出来ました。
​改めて、シンポジストの先生方と参加者の皆様にお礼を申し上げます。




 

言語聴覚士:清水充子 先生(埼玉県総合リハビリテーションセンター)作業療法士:黒住千春 先生(川崎医療福祉大学)  管理栄養士:江頭文江 先生(地域栄養ケアPEACH厚木 ) 歯科衛生士:東澤雪子 先生(藤沢市歯科医師会 藤沢市北部歯科診療所 )

言語聴覚士:清水充子 先生(埼玉県総合リハビリテーションセンター)作業療法士:黒住千春 先生(川崎医療福祉大学) 管理栄養士:江頭文江 先生(地域栄養ケアPEACH厚木 ) 歯科衛生士:東澤雪子 先生(藤沢市歯科医師会 藤沢市北部歯科診療所 )

 

栄養理学療法ケースの症例検討を高橋浩平運営幹事(田村外科病院) が行いました。
​栄養理学療法の定義から、高橋運営幹事の取り組みなど、実践的な話もさせて頂きました。

 

嚥下理学療法ケースでは小泉千秋運営幹事(神奈川リハビリテーション病院)が嚥下に対するリハビリテーションの歴史から現在の取り組みまでを教示して頂きました。

閉会後の一枚

閉会後の一枚

一日の会も滞りなく終わり、6名の運営幹事と学会事務局担当スタッフと記念写真。
 
​この会を開催するために7名が各々準備を進めてきました。
​第1回という事もあり、募集の段階から、皆様よりご意見、ご叱責を頂戴することになってしまった事は申し訳ないことではありますが、これだけ期待が大きい部門である事も実感しました。
​この後、アンケートを見返してみて会議を開き、
​・部門啓発活動を地道に行っていくこと。
​・第2回部門研究会の募集方法を再検討すること。
​・栄養・嚥下理学療法学の部門のテキストと成り得る書籍を発刊すること。
を再確認しました。

​全国から参加された皆様には感謝いたします。
​そして、会運営をサポートして頂いた、筑波大学大学院の皆様、学会事務局の霜田さんに改めて深謝いたします。

 
栄養・嚥下理学療法部門
運営幹事 広報
藤沢湘南台病院 中島 活弥