第3回栄養・嚥下理学療法部門研究会

第3回栄養・嚥下理学療法部門研究会開催のお知らせ
(募集終了)
 令和元年10月29日
栄養嚥下理学療法部門
代表運営幹事 吉田 剛
 

近年、リハビリテーション栄養や摂食嚥下リハビリテーションへの関心が高まっており
2019年に入り栄養・嚥下理学療法部門会員数は5,000名を超えました。
今年2月に行われた第2回研究会では、2人の医師により栄養および嚥下リハビリテーションに関する基礎知識を伝授頂き、さらに症例検討を通して参加者同士の議論の場を設けたところ、栄養・嚥下理学療法を臨床現場で今以上に実践していきたいという意見が多数寄せられました。
急性期・回復期・老人保健施設など患者の在宅復帰率が問われる中、栄養・嚥下の改善は在宅復帰に絶対的に必要な要素の1つとなっており、在宅高齢者に対する栄養・嚥下理学療法に対する他職種からの期待も大きくなっています。
地域リハビリテーション分野での活躍は圧倒的に理学療法士の数が多く、栄養・嚥下に関わる必要性が数多く存在します。医療・介護・在宅におけるシームレスな栄養管理が再発予防・疾病予防に重要であり、病院や施設からどのように地域へと繋げていくか、地域でどのように理学療法士が栄養・嚥下リハビリテーションに関わっていくかを真剣に考える機会が必要な状況となっています。
そこで、第3回研究会では、実践的内容と社会的ニーズの高い“地域”をキーワードとし、「理学療法士が地域で活躍するために必要な栄養と嚥下理学療法の知識とスキル」というテーマを掲げ、理学療法士として共通理解が必要な評価や介入についての学びの場としたいと考えています。そして、より具体的な議論を深めるために症例検討を行い、参加者同士がディスカッションを通じて知識と経験を共有できる場にしたいと考えています。
この研究会に参加することで栄養・嚥下理学療法に関心を持つ多くの理学療法士が共通の認識を持ち、自信を持って活躍できるよう育成をし、ひいては多くの国民に寄与できるよう働きかけを行っていきたいと考えています。
皆様の参加を心よりお待ちしております。
 
 
 
第3回栄養・嚥下理学療法部門研究会
研究会集会長 吉田 剛

2020年2月16日(日)9:30~16:00
筑波大学(東京キャンパス文京校舎)

研究会集会長 吉田 剛
準備委員長 山田 実
 


プログラム

受付開始 9:30~
※参加は事前登録者のみで当日参加の受付けはできません

開会の辞 9:50
○教育講演Ⅰ10:00~11:00
テーマ 地域で活躍するために必要な栄養理学療法の知識とスキル
講師 石川 淳 氏(香川大学医学部附属病院)
座長 中島 活弥 氏(藤沢湘南台病院)


○教育講演Ⅱ11:05~12:05
テーマ 地域で活躍するために必要な嚥下理学療法の知識とスキル
講師 宮本 明 氏(神戸国際大学)
座長 栗本 由美 氏(聖稜リハビリテーション病院)

〇症例検討Ⅰ13:10~13:50
栄養理学療法ケース
演者 高橋 浩平氏(田村外科病院)
座長 中島 活弥 氏(藤沢湘南台病院)

〇症例検討Ⅱ 14:00~14:40
嚥下理学療法ケース
演者 内田 学 氏(東京医療学院大学)
座長 小泉 千秋 氏(神奈川リハビリテーション病院)

○ワークショップ(グループディスカッション)14:50~15:50
テーマ 栄養と嚥下で在宅の問題を解決するために
進行 運営幹事+症例報告者
閉会の辞 15:50~
 
理学療法士はいろんな病期・病態に対応出来るスキルを身につけておく事が必須です。特に地域では、疾病を見つける超急性期の役割、疾病を未然に防ぐ予防の役割や疾病の維持期の役割など多岐にわたる理学療法スキルが必要になります。本研究会では、いろんな病期・病態に対応出来るための栄養・嚥下理学療法のスキルを身につけることを目的に教育講演と症例検討、グループワークを実施します。
研究会参加募集を協会HP(URL記載)で行っておりますので、是非とも積極的にご参加下さい。
 

日程表 Pdfファイル はこちら

告知

第3回栄養・嚥下理学療法部門研究会


定員 160名 先着順(定員に達し次第終了)
 
  →12/2(月)を持ちまして満席に達しました。





◎日本理学療法士協会マイページよりお申込み下さい。

《セミナー番号 21295》

 
・参加申込期間
2019年10月23日(水) ~ 2020年1月22日(水)
・カード選択可能期間
2019年10月23日(水) ~ 2020年2月5日(水)
・口座振替可能期間
2019年10月23日(水) ~ 2020年1月13日(月)

 
【よくあるお問い合わせ】
Q当日参加登録は出来ますか?
A事前登録で満席となった場合、当日参加登録は出来ません。
メルマガ、ホームページでご案内いたします。

Q会員外の受講は出来ますか? 
A事前登録で空席がある場合に限ります。会員優先となりますのでご承知おきください。

Q急遽行けなくなりました、返金してもらえますか?
A規定により一度ご入金頂いた会費は返金できません。
なお、会場運営の都合上キャンセルの場合は部門ホームページのお問い合わせから「キャンセル」と記載してご連絡下さい。


NEW
Q昼食はどうすればいいですか?
A近隣に飲食店が少なく、昼食時間内にお戻りになるのが困難かと思います。
事前にご用意いただければ幸いです。
飲食スペースについては当日ご案内申し上げます

Q持ち物は?
A一般的な研修会、勉強会同様に筆記用具をお持ちください。また、「新型コロナウィルスの対応」として新着情報に厚生労働省のHPをUPっしております。咳エチケットへのご協力をお願いいたします。

Q抄録はありますか?
A今回、抄録の準備はございません。

Q 登録票が届かないのですが
A 参加費の決裁がお済みでしたら当日「会員証」を必ずご持参のうえお越しください。登録票など本会から発送するものはございません。
 


 
 
 


【ご参加の方へのご注意】
当日受付の際は 必ず日本理学療法士協会 会員証
をご持参ください
(楽天カードではありません)
ポイント付与が出来ない場合もあります。ご注意ください。

第3回栄養・嚥下理学療法部門研究会事務局
南谷 さつき

お問い合わせはホームページ内の「お問い合わせ」フォームからお願い致します。

お問い合わせの返信にお時間がかかる場合がございます。
ご了承ください。また職場への電話でのお問い合わせはご遠慮ください。