概要

設立の趣旨

がん患者に発生しやすい特異的な有害事象や生活上の課題に対して、理学療法の視点に立った基礎研究および臨床研究を推進し、がん患者に対する最良の理学療法に必要となる知識・技術の普及と発展に務めることで、わが国の保健・医療・福祉および国民の健康に寄与することを目的とする。

主な領域

  1. 骨転移
  2. 低体力・悪液質
  3. リンパ浮腫
  4. 予防的理学療法
  5. 周術期理学療法
  6. 化学療法・放射線療法と理学療法
  7. 在宅生活・社会活動と理学療法
  8. 緩和医療と理学療法

登録会員数(2017年4月1日現在)

2,711名