第3回がん理学療法部門研究会

テーマ がん理学療法を次のステージへ
会期 2020年12月5日(土) ~ 6日(日)
会場 オンライン開催(OnAIR)
研究会長 井上 順一朗(神戸大学医学部附属病院リハビリテーション部)
準備委員長 牧浦 大祐 (神戸大学医学部附属病院リハビリテーション部)
研究会専用ホームページ http://jspt.japanpt.or.jp/pt_on3/
参加者数 404名(理学療法士396名、他職種4名、学生4名)

〇基調講演
「がん理学療法を次のステージへ」
井上順一朗(神戸大学医学部附属病院リハビリテーション部)

〇特別講演
1「高齢者のがん治療」
松岡歩(国立がん研究センター社会と健康研究センター)
2「がんサバイバーも悩む慢性疼痛の病態とそのアプローチ」
松原貴子(神戸学院大学総合リハビリテーション学部理学療法学科)
3「がん理学療法へのビッグデータの活用」
井平光(国立がん研究センター社会と健康研究センターコホート研究連携部)
4「がん患者の筋量改善を目指して~がん悪液質に伴う筋量減少の特徴とそのメカニズムから対策を考える~」
舘林大介(神戸大学医学部附属病院リハビリテーション部)
5「小児がんの病態と治療」
多賀崇(滋賀医科大学医学部附属病院小児科)
6「小児がん患児に対する理学療法-身体機能・復学を踏まえて-」
飛田良(滋賀医科大学医学部附属病院リハビリテーション部)

〇一般演題:54演題
 

ご参加いただいた皆様、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。