2018.04.22

第一回 学校保健・特別支援教育理学療法研究会の演題募集

第一回 学校保健・特別支援教育理学療法研究会を平成30年7月1日(日)に開催いたします。
研究会の午後には、学校保健分野・特別支援教育分野の口述発表を予定しています。
下記の<演題発表・申し込み概要>をご覧ください。
皆様からの演題の応募をお待ちしております。

<演題発表・申し込み概要>
1) 応募資格は、学校保健・特別支援教育的理学療法に寄与する内容であれば、どなたでも演題を応募可能です。
学校保健・特別支援教育的理学療法に寄与するとは、学校保健・特別支援教育分野における理学療法士の取り組みや情報提供、現状報告、情報交換といった内容をさします。

2)発表形式は口述発表(発表9分、質疑応答5分)としpptを使用して行う。

3)演題募集期間:平成30年4月26日(木)~5月19日(土)

4)演題申し込み先:下記のE-mail にてお願いします。
演題申し込みの際には、抄録をWordデータで作成して添付ください。
抄録作成の詳細は、後述する~抄録作成の注意事項~をご覧ください。
演題申し込みE-mail:k-manabe@ntu.ac.jp
(メールの件名には、「演題申し込み_第一回 学・特理学療法研究会」と入力ください)
帝京科学大学本館1508眞鍋研究室 眞鍋克博
120-0045 東京都足立区千住桜木2-2-1 Tel.03-6910-3725(ダイヤルイン)

5)応募演題に関する倫理上の注意
ヘルシンキ宣言に沿った研究であることを確認ください。

特に、プライバシーの侵害や人体に影響を与える研究に関しては、対象者に説明と同意を得たことを【倫理的配慮,説明と同意】項目に明記してください。また、演者の所属する機関の倫理委員会等で承認された研究である場合には、その旨同項目に記載してください。それらの記載が無い場合は、演題が採択されないことがあります。

6)査読ポリシー
日本理学療法学術大会の査読ポリシーに準じます。

7)演題審査
演題の採択は、部門による選考結果を参考に大会長が決定します。
演題審査結果は申し込まれた電子メールアドレス宛にメールにて通知いたします。
演題審査結果の通知は、平成30年5月末までに行います。
採択された演題の取り消しはできません。また登録期間を過ぎての演題内容の変更は、いかなる理由であっても原則認められません。
採択予定演題数は、学校保健分野(5題)、特別支援教育分野(5題)

~抄録作成の注意事項~
i.抄録の体裁
抄録の内容を【目的】【方法】【結果】【考察】【まとめ】などの小見出しを必ず右記の【 】を付けて分類してください。文字数は全角換算(半角英数字は2文字を1文字に換算)で、600文字以内(タグ含む)とします。図表は入れることはできません。

ii.キーワードについての注意
キーワードは3つとし標準的な用語を使用して、必ず単語一語で入力してください。

iii.文字種についての注意
機種依存文字として制限していた文字種も画面上に表示できるものは入力可能です。

Ⅳ.記載可能な演者数と所属機関
筆頭演者、共同演者とも所属機関を記載してください。演者数は筆頭・共同演者を含めて最大15名、所属機関は最大5施設までとしてください。

なお、参加申し込みは、PT協会ホームページのセミナー・講習会情報一覧画面のその他(協会主催)(http://www.japanpt.or.jp/members/seminer/browse/)から、お願いします。

演題発表の方も参加申し込みをされた上で、演題申し込みを行ってください。

また、下記に研究会の概要や開催の日時・場所を記載します。
ご覧ください。

第一回 学校保健・特別支援教育理学療法研究会

1.  概要
学校保健・特別支援教育的理学療法の発展(教育的理学療法効果の根拠となる知見を得る)に寄与、会員の研究成果を発表する場を提供することを目的に、学校教育における必要な方法論(支援モデルと実際的支援方法)と実践について、情報提供、現状報告、情報交換、先進的取り組みの発表等を行う。

2.  開催の日時・場所
日時:平成30年7月1日(日)
会場名:帝京科学大学(千住キャンパス)本館、1311
会場所在地:〒120-0045 東京都足立区千住桜木2-2-1
備考:受付 8:45~ 講義開始 9:00、終了 16:00

3.  企画
1)学校保健モデル事業報告
①山梨県モデル事業 講師:健康科学大学粕山達也
②筑波大学視覚特別支援学校モデル事業 講師:筑波大学視覚特別支援学校長島大介先生

2)研修会長基調講演
「学校教育における理学療法士による発達障害のある児童・生徒への支援の実態とその可能性」
講師:帝京科学大学 眞鍋克博

3)特別講演
「特別支援教育と理学療法士」
講師:筑波大学教授 川間健之助先生

4)口述発表Ⅰ(学校保健分野:5題)・Ⅱ(特別支援教育分野:5題)