代表運営幹事挨拶

ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門は、2015年9月に発足いたしました。本部門では、女性および男性の性差による健康問題に対する理学療法を扱います。

女性、男性のいずれも生涯を通して身体的、社会的なライフイベントがあり、その際に健康問題が生じることがあります。女性においては、産前産後の腰痛や、骨盤底障害などを原因とする尿失禁、女性アスリートの健康障害など、多岐に渡ります。また、男性においても、前立腺肥大や整形外科疾患に起因する排尿障害などがあります。

女性特有・男性特有の健康問題に対しては、すでに他の職種が携わっていますが、さらに私達理学療法士が関わることにより、運動や身体活動面での支援を、提供できると考えています。

本分野は、海外では社会的にも認知されている分野です。日本でも多くの方々の地道な継続した活動により、その重要性がようやく認識されるようになってきました。今後は、日本でも学術的エビデンスの構築を進め、さらに本分野の認知度を上げるとともに、臨床活動ができる場を増やすことが必要だと考えています。

皆様とともに、ウィメンズヘルスおよびメンズヘルスに関する理学療法の知識や技術を向上させることを通し、本分野に関わる問題を持つ方々に貢献したいと考えております。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年7月

ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門
代表運営幹事 松谷綾子

ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門 代表運営幹事   松谷綾子

ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門 代表運営幹事   松谷綾子