活動内容

過去の活動紹介

第1回日本スポーツ理学療法学会学術集会

テーマ 『スポーツ理学療法の現状と展望 --ミッション再考--』
期日 2015年11月30日(日)
会場 東京工科大学・蒲田キャンパス
学術集会長 坂本 雅昭(群馬大学)

プログラム

特別講演「日本理学療法士学会が目指すもの」
講師 内山 靖(名古屋大学)
司会 坂本 雅昭(群馬大学)
基調講演「日本スポーツ理学療法学会の活動」
講師 小林 寛和(日本福祉大学)
司会 坂本 雅昭(群馬大学)
指定演題1「膝ACL再建術後の理学療法を考える」
座長 川島 敏生(日本鋼管病院)、渡邊 裕之(北里大学)
演者 八木 茂典(東京西徳洲会病院)、鈴川 仁人(横浜市スポーツ医科学センター)、吉田 真(北翔大学)
指定演題2「スポーツ外傷・障害予防の理学療法を考える」
座長 片寄 正樹(札幌医科大学)、赤坂 清和(埼玉医科大学)
演者 浦辺 幸夫(広島大学)、小泉 圭介(日本スポーツ振興センター)、大見 頼一(日本鋼管病院)

シンポジウム

「スポーツ理学療法の現状と展望」−ミッション再考−
座長 小林 寛和(日本福祉大学)、坂本 雅昭(群馬大学)
第一部地域におけるスポーツ理学療法
演者 尾崎 勝博(野崎東病院)、中江 徳彦(東豊中渡辺病院)、大工谷 新一(岸和田盈進会病院)
第二部国際大会とスポーツ理学療法
演者 松田 直樹(国立スポーツ科学センター)、門田 正久(飛翔会グループ)、片寄 正樹(札幌医科大学)