2016.04.18

スポーツ活動支援および語学能力の実態調査へのご協力

この度日本理学療法士協会では、今後の活動を推進するために、本会会員におけるスポーツ支援活動(障がい者スポーツも含む)および語学能力の実態を把握すべく、全会員を対象としたWEBアンケート調査を実施しています。(調査期間:4月13日(水)~5月31日(火)まで)
 
こちらの調査の目的は、客観的データの把握だけでなく、今後の人材育成等事業起案時の一助とすること、および特に障がい者スポーツにおいてはアンケート自体が広報的意味合いも担っており、できる限り多くの会員の皆様にご協力を仰ぎたいと考えています。
 
日本理学療法士協会では、会員への周知として一昨日より順次発送しております「理学療法学」に、調査実施の告知チラシおよび本会HP・個別のマイページでの告知を実施していますが、日本スポーツ理学療法学会も活動経験の多い会員が所属していることから、本ウェブサイトを通じて協力することになりました。
 
皆様方におかれましては、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 
なお、調査の概略は日本理学療法士協会が作成した資料をご参照いただければ幸いです。また、本調査に関連して、本会HPの掲載ページをお知らせ致します。
http://www.japanpt.or.jp/(こちらのページの下方会員向け情報)
http://www.japanpt.or.jp/info/20160413_01.html
 

日本スポーツ理学療法学会
代表幹事 小林寛和
運営幹事一同