代表運営幹事挨拶

2017年6月より、代表幹事となりました、千葉と申します。

勤務先は、東京、世田谷にある急性期、回復期、地域包括ケア病棟を有する中規模病院で、リハビリテーション科、科長としてPOS合わせて約50人のセラピストを管理しております。当然プレイングマネージャーで臨床業務と管理業務に日々追われています。

多くの管理者の方が私とおなじプレイングマネージャーが多いのではないでしょうか。理学療法士の管理者は、管理に専念している方や私のような臨床と兼務の方、ほぼ臨床のみという方等、様々な形があり管理業務の内容、興味も違うと思われます。以前は管理系の研修会は参加者が集まりませんでしたが、昨今マネジメント研修も大勢の参加者が集まる様になりニーズは高まってきていると感じています。管理部門としましても、ニーズに応えるべく研修会や調査を含め活動を広めてゆきたいと考えております。

部門の事業は(1) 研究会の企画および運営(2)その他本会における学術活動の支援となっております。一方分科学会は(1) 専門分野の学術に関する情報発信(2)学術大会の開催(3)その他本会における学術活動の支援 となっております。

分科学会では学術が中心となりますが、管理は学術面以外にも大切なことが多いと感じています。一方部門では学術大会を開催することはできません。学術大会を開催するため、分科学会への移行について運営幹事で随分と議論いたしました。53回学会よりそれぞれの分科学会が独立して学会を行うことになりました。その場合マネジメントについての演題を発表する場がなくなってしまうことは避けなければなりません。現在は教育学会に協力いただいておりますが、将来的には学術大会を開催できる体制へ発展させてゆきたいと考えております。

つきましては部門登録会員の皆様のお力を発展のためにお借りできれば幸いです。よろしくお願い致します。

 
 

2017年6月 
理学療法管理部門 
代表運営幹事 千葉 哲也 

理学療法管理部門<br>代表運営幹事 千葉哲也

理学療法管理部門
代表運営幹事 千葉哲也