代表運営幹事挨拶

日本予防理学療法学会は、運動や温熱など物理的な介入で疾病や障がいの発生と再発の予防の研究を目指す学会です。理学療法士に限らず、多くの専門家が集い議論を戦わせることによって、日本の予防に関する英知が集積していくことを願っています。日本の社会保障費は膨らみ続け、国民の生活を圧迫しています。予防理学療法学会の英知と実践でこの難局を乗り切り、人、地域、社会の幸せを目指しましょう。

2015年4月
日本予防理学療法学会
代表運営幹事 大渕 修一