目次(分野別)

《治療》運動療法

  • 死亡率に対する運動と薬物介入の効果の比較:メタ疫学研究

    【論文の概要】背景 大規模コホート等において、運動療法や身体活動を増加させることはQOL向上、様々な疾患の予防、さらに死亡リスクを下げることが示されている。また、無作為化比較試験で薬物療法にある程度の死亡抑制効果があると報告されている。しかし、…

  • 脳卒中後の上肢運動障害に対する在宅CI療法の効果

    【論文の概要】背景 脳卒中後の上肢運動障害に対するCI療法の効果は、多くの臨床研究で検証されており、推奨される上肢運動障害の治療方法のひとつである。しかしながら、在宅でのリハビリテーションでCI療法の効果は明らかにされていない。目的 研究の目的は…

  • 間質性肺疾患患者における有酸素運動前後の呼吸循環機能

    【論文の概要】背景 有酸素運動によって得られる運動耐容能の改善は、酸素供給量の増加と酸素抽出能の増加によって生じる。間質性肺疾患(ILD)患者においても有酸素運動による運動耐容能の増加は報告されているが、その特徴は明らかにされていない。目的 本…

  • 女性尿失禁患者に対する骨盤底筋トレーニングと対照群との比較

    【論文の概要】背景 骨盤底筋トレーニング(PFMT)は腹圧性尿失禁(SUI)を有する女性に対して最も一般的に用いられている理学療法の治療である。目的 尿失禁を有する女性に対するPFMTの効果を無治療群、プラセボもしくはシャム治療群、その他の非活動的なコント…

  • 皮膚の触覚刺激はラットの側坐核でドーパミン放出を増加させる

    【論文の概要】背景皮膚の触覚刺激は様々な身体の機能に影響を与える。それらは、未熟児の成長を促進する、呼吸と免疫応答が改善する、血圧と脈拍が減少する、副腎皮質のカテコールアミン(アドレナリン)が減少する、脊髄の血流が増加する、分娩時の痛みがコン…

  • 進行性のがん患者に対する運動療法:無作為化臨床比較試験

    【論文の概要】背景がん患者に対する運動療法についてシステマティックレビューおよびメタ分析によって倦怠感の軽減、身体機能の改善やQOLの向上など一定の効果が示されている。しかし、病状がより進行したがん患者に対する検討は行われていない。目的進行性の…

  • 小児慢性腎臓病患者の最大酸素摂取量は減少した

    【論文の概要】背景成人の末期腎不全や腎移植後の患者は血行動態の異常や体液異常等により心肺機能が低下し、最大酸素摂取量の低下をきたしやすい。小児慢性腎臓病(Chronic kidney disease:CKD)患者では、成人CKD患者に比べると心疾患イベントの発生は稀では…

  • 脳卒中患者における運動療法の時間増加による効果:メタ分析

    【論文の概要】背景脳卒中は,成人における身体障害の主な原因であり,治療により機能改善を図ることで患者自身やその家族の経済的負担や苦しみを軽減することができる。このことから,脳卒中医療におけるリハビリテーションは,重要な礎石として認識されている…

  • 腰痛症に対する理学療法とアドバイスとの無作為化比較対照試験

    【論文の概要】背景腰痛症とそれに関連する障害は、西洋の社会での主要な社会的健康問題である。腰痛症は、英国労働者の主な休職原因であり、直接的なヘルスケア・コストは、2,932,000ドルと推定されている。英国のNHSにおける理学療法士は、年間におよそ130万…

  • 幻肢痛に対する幻像運動の有効性:予備的研究

    【論文の概要】背景正常な刺激の欠如と傷害を受けた神経単位からの過放電、切断後に再び認められる体性感覚の疼痛が幻肢痛発生の原因と考えられている。幻肢痛の治療は非常に困難であるが、治療方法として手術療法、心理療法、鏡や鏡箱による仮想現実を用いた方…

PAGETOP